[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、“美シルエット”での一発を実況席絶賛 「なんてスイング、なんてパワー」

大谷翔平、“美シルエット”での一発を実況席絶賛 「なんてスイング、なんてパワー」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が衝撃的な代打弾を放った。18日(日本時間19日)の敵地レンジャーズ戦の7回に代打で出場。バックスクリーンに飛距離410フィート(約125メートル)の13号3ランを叩き込んだ。左ひざを大きく折り曲げながらスタンドまで運ぶ驚異の動画と、フォロースルーの瞬間の1枚をMLBが公式ツイッターで公開。シルエットの美しさはファンから称賛を集めていたが、本拠地サイドの実況席も「パワーの全てをボールに伝えた」と感嘆している。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷の代打3ランに本拠地実況席も感嘆

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が衝撃的な代打弾を放った。18日(日本時間19日)の敵地レンジャーズ戦の7回に代打で出場。バックスクリーンに飛距離410フィート(約125メートル)の13号3ランを叩き込んだ。左ひざを大きく折り曲げながらスタンドまで運ぶ驚異の動画と、フォロースルーの瞬間の1枚をMLBが公式ツイッターで公開。シルエットの美しさはファンから称賛を集めていたが、本拠地サイドの実況席も「パワーの全てをボールに伝えた」と感嘆している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 左腕が相手で先発を外れていた大谷は、1点リードの7回1死一、二塁の絶好機で代打で登場。レンジャーズ右腕のバトラーと対峙した。カウント2ボール1ストライクからの4球目だ。94.5マイル(約152キロ)の高めのフォーシームを豪快に振り抜いた。高々と舞い上がった打球は力強く伸び、バックスクリーン左へ着弾。自身2度目の代打アーチは、8試合ぶりの13号3ランとなった。

 大谷の左ひざは、高めのファストボールに対応するために、ガクリと折れ曲がり、しっかりと重心側に体重が残っていることがわかる。

 大谷の見事な打棒を、本拠地の放送局「FOXスポーツ・ウエスト」の実況席は興奮気味にこう伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー