[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、135m特大弾に敵地解説から感嘆漏れる 「この打席は…フゥー!」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)の敵地インディアンス戦に「3番・DH」で3試合ぶりに先発出場。5打数4安打3打点1盗塁と大爆発し、チームの勝利に貢献。米メディアは2ケタ本塁打&投手としての複数勝利を同一シーズンに達成するのは、1921年のベーブ・ルース以来97年ぶりの快挙だと伝えている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷の10号&11号弾に敵地の実況席も大興奮

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)の敵地インディアンス戦に「3番・DH」で3試合ぶりに先発出場。初回の第1打席に敵地での初アーチとなる先制10号2ラン、3回の第2打席では特大の11号ソロを放つなど、自身初の1試合2発を含む4安打3打点と大爆発。チームの連敗を4で止めた。大谷の豪快な2発に敵地の実況席も大興奮だった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大谷のバットが快音を連発した。まずは第1打席だ。初回1死一塁、先発右腕クレビンジャーの真ん中の96マイル(約154キロ)の直球を叩いた打球は高く舞い上がり左翼方向へ。そのままスタンドの最前列へ飛び込む先制10号2ランとなった。

 実況した敵地のFOXスポーツ・オハイオの実況アナウンサー、マット・アンダーウッド氏は「打球はレフトへ…打球は伸びて…ショウヘイ・オオタニ今季初の敵地でのホームランです!」と興奮気味に伝えると、解説のリック・マニング氏も「本当にギリギリまでひきつけました。真ん中付近への直球でしたが、これを逆方向に運びました!トップスピンがかかり距離が出て、左翼への本塁打。一振りで2得点、これで今季10号です」とその打撃技術を絶賛していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集