[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • マレー、勝利後の“深夜3時の号泣”に海外感動「私もあなたと一緒に涙した」

マレー、勝利後の“深夜3時の号泣”に海外感動「私もあなたと一緒に涙した」

テニスのシティーオープンは2日(日本時間3日)、男子シングルス3回戦でアンディ・マレー(英国)がマリウス・コピル(ルーマニア)と対戦。6-7、6-3、7-6で下し、ベスト8進出を決めた。試合終了は大会史上最も遅い午前3時1分という3時間超の死闘を制し、完全復活の道をまた一歩進んだ元世界1位はベンチで人目をはばからず号泣。その模様をATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開し、「私もあなたと一緒に涙した」と感動を呼んでいる。

3時間超の死闘を制したアンディ・マレー【写真:Getty Images】
3時間超の死闘を制したアンディ・マレー【写真:Getty Images】

大会史上最遅の午前3時1分決着、試合後の涙に海外反響「彼を抱きしめてあげたい」

 テニスのシティーオープンは2日(日本時間3日)、男子シングルス3回戦でアンディ・マレー(英国)がマリウス・コピル(ルーマニア)と対戦。6-7、6-3、7-6で下し、ベスト8進出を決めた。試合終了は大会史上最も遅い午前3時1分という3時間超の死闘を制し、完全復活の道をまた一歩進んだ元世界1位はベンチで人目をはばからず号泣。その模様をATP公式中継サイト「テニスTV」が動画付きで公開し、「私もあなたと一緒に涙した」と感動を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 まさかのシーンだった。元世界1位のマレーが勝って、涙に暮れた。前の試合が延び、深夜に始まった試合。試合は互いに譲らない死闘となり、第3セットもタイブレークに。しかし、迎えたマッチポイント。コピルのスライスショットがネットにかかり、ついに勝負が決した。時刻午前3時1分。すっかりまばらになったが、深夜3時まで残って声援を送った観客から大歓声が降り注いだ。

 コピルと健闘を称え合ったマレー。しかし、ベンチに戻ると、熱いものがこみ上げてきた。白いタオルで顔を覆う。ただ、明らかに肩が小刻みに震えている。近くでその様子をカメラが捉えているが、数十秒間、顔を上げることもできない。完全復活を目指す道のりで今大会は全試合フルセットマッチ。そして、午前3時の勝利。何か掴むものがあったのだろう。

「テニスTV」公式ツイッターは動画付きで紹介。「ファンタスティックマッチ! 私もあなたと一緒に涙した。チャンプおかえりなさい」「ファンタスティック、アンディ。あなたは我らのブレーブハート」「愛してる! ファイター!」「ただただ彼を抱きしめてあげたい」「王様の帰還」「ファンタスティック、アンディは本物のスター」と感動を誘っていた。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー