[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗、強打封印で3年ぶり1勝 注目度に海外メディアも関心「自分の力に変えたい」

出足は、好調だ。バドミントン世界選手権は31日に南京市ユースオリンピック公園アリーナで第2日を行い、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は、1回戦でウクライナの選手をストレート(21-13、21-12)で破って2回戦へ駒を進めた。一昨年から昨年にかけては、違法賭博店利用の発覚による出場停止処分を受けており、世界選手権は3年ぶりの出場。試合後は「最初は緊張したんですけど、最後の方は自分らしく楽しみながらプレーできたので良かったなと思います」と喜んだ。

3年ぶり出場の世界選手権で勝利を挙げた桃田賢斗【写真:大会公式サイト】
3年ぶり出場の世界選手権で勝利を挙げた桃田賢斗【写真:大会公式サイト】

3年ぶり出場の世界選手権、ウクライナ選手をストレート撃破で初戦突破

 出足は、好調だ。バドミントン世界選手権は31日に南京市ユースオリンピック公園アリーナで第2日を行い、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は、1回戦でウクライナの選手をストレート(21-13、21-12)で破って2回戦へ駒を進めた。一昨年から昨年にかけては、違法賭博店利用の発覚による出場停止処分を受けており、世界選手権は3年ぶりの出場。試合後は「最初は緊張したんですけど、最後の方は自分らしく楽しみながらプレーできたので良かったなと思います」と喜んだ。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 第2コートの3試合目に予定されていたが、2試合目の出場選手が棄権したため、1試合分繰り上がって試合が行われた。選手紹介のコールとともに歓声で迎えられて入場したが、試合中は、桃田に挑む相手に対し、健闘を後押しする拍手が送られた。第1ゲームの序盤は、自分から攻めずに守りのラリーで様子を見る展開で11-5とリード。ほとんど強打を打たずに試合を進め、21-13で押し切った。相手に返球させておいて、自身のフットワークや様々なショットにおけるシャトルコントロールを確認するような試合運びだった。

 第2ゲームも相手を左右へ揺さぶり、ミスを誘う展開。肩の力を抜いたドロップやカット、得意とするネット前に落としていく球で得点を重ねた。7-5から6連続得点で引き離して余裕のある展開に持ち込み、21-12で危なげなく勝利を飾った。桃田は「序盤にリードをして、あとはシャトルのコントロールだったり、体育館の感覚だったりを確認しようと思って試合に臨みました。後ろに打つロビングやクリアは、最後の最後、紙一重の部分でインになるかアウトになるかで、すごく試合を左右すると思うので、そこの感覚はつかもうと思って試合に入りました」と強打で攻め急ぐことなく試合を進めた理由を明かした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集