[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小林・松友組、初戦快勝も「ゴミだらけコート」に苦笑い「拭いてくれるのに汚れる」

バドミントンの世界選手権が30日に中国・南京市で開幕し、混合ダブルスの小林優吾、松友美佐紀組(トナミ運輸/日本ユニシス)が1回戦を突破した。

バドミントン世界選手権1回戦を突破した小林優吾、松友美佐紀組【写真:大会公式サイト】
バドミントン世界選手権1回戦を突破した小林優吾、松友美佐紀組【写真:大会公式サイト】

モップがけで布切れなどのゴミが散る、本末転倒のコート整備に苦笑い

 バドミントンの世界選手権が30日に中国・南京市で開幕し、混合ダブルスの小林優吾、松友美佐紀組(トナミ運輸/日本ユニシス)が1回戦を突破した。オランダのペアと対戦した小林、松友は、第1ゲームを4-4から8連続ポイントで大きく引き離して21-16で制すると、第2ゲームも21-17で競り勝ち、2-0のストレートで勝利した。小林は「いつもはバタついてしまうが、初戦にしては、まとめられたかなと思います。アップを入念にやっていたので、足が動かないということもなかった」と手ごたえを話した。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大会の初戦、気になるのは会場の環境や雰囲気の感触だ。しかし、風の影響について話を聞かれた松友は「風は、普通。それより、モップが……」と言い出した。バドミントンのコートは、汗などで濡れた際に、足元が滑るのを回避するため、モップがけが行われる。ところが、モップをかけたときに、布切れなどのゴミがコートに散っていたというのだ。小林は「相手の選手が最初に滑ったのは、多分、紙みたいなゴミのせい」と言い、松友も「拭いてくれているのに、汚れている。それで滑るので少し怖かった。インターバルの後とかは、めっちゃ(ゴミが)落ちているな……と思った」と本末転倒になってしまったコート整備に苦笑いしていた。

 思わぬ環境での試合となったが、白星発進を飾り、次のステージへ駒を進めた。翌31日の2回戦では、第11シードのイングランドペアと対戦する。小林は「次は、イングランドの選手が相手。動きが良いし、スマッシュも速い。女子の選手に球を上げつつ、スペースを空けて、自分の攻めるプレーをできたら良いと思う」と意気込みを話した。小林は男子ダブルス、松友は女子ダブルスが主戦場だが、その前に混合ダブルスで良い感触をつかんでおきたいところだ。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集