[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 13歳レブロンJr、天才超えの“超絶初ダンク”が再生100万超反響「父を超えるかも」

13歳レブロンJr、天才超えの“超絶初ダンク”が再生100万超反響「父を超えるかも」

米プロバスケットボール(NBA)が誇るスーパースター、レブロン・ジェームズの愛息が13歳にして、圧巻の一人アリウープで“初ダンク”を炸裂。実際の様子を米メディアが動画で公開すると、米紙は“映像に残る史上最年少の片手ダンク”として特集。再生回数は100万回を突破し、米ファンに「父を超えるかも」「これはクレイジーだ」などと大きな話題を呼んでいる。

ブロニー・ジェームズ(写真左)と彼の父親である"ザ・キング"レブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】
ブロニー・ジェームズ(写真左)と彼の父親である"ザ・キング"レブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】

練習中に初ダンク炸裂で全米話題、“映像に残る史上最年少片手ダンク”に米紙認定

 米プロバスケットボール(NBA)が誇るスーパースター、レブロン・ジェームズの愛息が13歳にして、圧巻の一人アリウープで“初ダンク”を炸裂。実際の様子を米メディアが動画で公開すると、米紙は“映像に残る史上最年少の片手ダンク”として特集。再生回数は100万回を突破し、米ファンに「父を超えるかも」「これはクレイジーだ」などと大きな話題を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 この身体能力、まさに規格外。話題を呼んでいるのはジェームズの愛息、ブロニー・ジェームズだ。米専門誌「SLAM Magazine」が驚愕のシーンを公開している。

 練習用のTシャツをまとったブロニー。左手でボールをついた後、両手でゴール方向に放り投げると一気に加速。そして、弾んでボールにタイミングを合わせると、跳び上がった。右手で拾い上げ、まさに全身バネともいうべき、驚異的なジャンプ力でそのままリングに叩き込んだのだ。試合前の練習中でのひとコマだが、これにはチームメートも大喜び。会場は一気に盛り上がり、当の本人も爽やかな笑みを浮かべていた。

 米紙「USAトゥデー」は「13歳のブロニー・ジェームズが自身初となるダンクを沈める」と見出しを打って特集。「レブロン・ジェームズの13歳の息子、ブロニー・ジェームズはこの夏のいくつかのゲームでダンクに近づいていた。そして、日曜日にいよいよ起きた」と記した上で、29日に“その時”が訪れたことを紹介している。

 記事によると、ビッグ・フープス・ラスベガス・クラシックでの準決勝ノースコースト・ブルーチップス戦の前にアリウープを炸裂。「ビデオで捉えられたものとしては10代の選手としては初となる」と“映像に残る史上最年少の片手ダンク”と表現し、父レブロンもこの場面を目撃していたという。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー