[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 米無敗3冠馬が電撃引退、その原因は? 調教師「秋のレースに万全で戻ることは…」

米無敗3冠馬が電撃引退、その原因は? 調教師「秋のレースに万全で戻ることは…」

米国の競馬で史上2頭目の無敗の3冠を成し遂げたジャスティファイ(牡3、父スキャットダディ)の引退が26日、明らかになった。海外メディアが続々と報じ、調教師が理由を明かしている。英専門メディアが伝えている。

ジャスティファイ【写真:Getty Images】
ジャスティファイ【写真:Getty Images】

ジャスティファイがわずか6戦で故障引退

 米国の競馬で史上2頭目の無敗の3冠を成し遂げたジャスティファイ(牡3、父スキャットダディ)の引退が26日、明らかになった。海外メディアが続々と報じ、調教師が理由を明かしている。英専門メディアが伝えている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 ジャスティファイは極悪馬場での1冠目ケンタッキー・ダービーを制覇。2冠目のプリークネスステークスは視界不良の霧の中でのレースだったがここも突破した。そして3冠最終戦のベルモントステークスは一転して良馬場で行われたが、力強い走りで快勝。史上13頭目のトリプルクラウン制覇。無敗での3冠は41年ぶり2頭目の快挙だった。

 しかし、ベルモントSが最後のレースとなった。英専門紙「レーシングポスト」はボブ・バファート調教師のコメントを紹介している。

「ジャスティファイは脚部に不安を抱えていた。秋のレースに万全で戻ることはできないと思った。私たちはもう一度ジャスティファイの走りが見たかったが、最終的に私の責任で状態が完璧でないと判断した」

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー