[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラー圧巻V 世界に衝撃「史上最強の称号を強固に」「再び愕然とさせた」

男子テニスのマイアミ・オープンは2日(日本時間3日)、シングルス決勝が行われ、第4シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)を6-3、6-4のストレートで下し、11年ぶり3度目の優勝を飾った。各国メディアは通算37度目のレジェンド対決を制したフェデラーについて「史上最強の称号を強固なものにした」などと絶賛している。

ストレート勝ちで宿敵ナダルに今季3戦全勝、全盛期級Vを世界が続々速報

 男子テニスのマイアミ・オープンは2日(日本時間3日)、シングルス決勝が行われ、第4シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第5シードのラファエル・ナダル(スペイン)を6-3、6-4のストレートで下し、11年ぶり3度目の優勝を飾った。各国メディアは通算37度目のレジェンド対決を制したフェデラーについて「史上最強の称号を強固なものにした」などと絶賛している。

 35歳のフェデラーは今季3勝目で通算91勝目を挙げた。米スポーツ専門テレビ局ESPN電子版は「マイアミ・オープンの王者ロジャー・フェデラーは史上最高の称号を強固なものにした」と特集した。

 昨季まで34戦でナダル23勝、フェデラー11勝と対戦成績で水をあけられていた天敵相手に今季は1月全豪オープンの復活V以降、3戦3勝と圧倒的な強さを見せている。

 強敵ナダル相手に今季示した強さで、史上最強の座は揺るぎないものになったという。

「23対14という戦績は突如一方的に見えなくなった。そして、“史上最高”の議論はそこまで困難なものではなくなった。特に今季の推移によって、だ」

 と記事では報じられ、35歳にして再び上昇曲線を描き始めたベテランを評価している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集