[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 計15校に! 浦和学院が5年ぶり、折尾愛真は初の“新顔”に…きょうの代表決定校は?

計15校に! 浦和学院が5年ぶり、折尾愛真は初の“新顔”に…きょうの代表決定校は?

第100回記念全国高校野球選手権の地方大会は23日、4大会で決勝が行われ、代表校が決定。これで計15校が夏の甲子園切符を手にした。

23日は4大会で決勝が行われ代表校が決定した
23日は4大会で決勝が行われ代表校が決定した

23日は4大会で代表校が決定

 第100回記念全国高校野球選手権の地方大会は23日、4大会で決勝が行われ、代表校が決定。これで計15校が夏の甲子園切符を手にした。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 南埼玉では浦和学院が川口を17-5で圧勝し、5年ぶり13度目の出場を決めた。近年の甲子園名勝負に数えられる13年夏の甲子園1回戦・仙台育英(宮城)戦で10-11でサヨナラ負けを喫して以来の夏の甲子園帰還となる。沖縄では10年の春夏連覇校・興南が糸満を5-0で下し、2年連続12度目の出場を決めた。

 北福岡の折尾愛真は春夏通じて初出場で、すでに決まっている15代表で一番乗りの“新顔校”となった。この日決まった代表校は以下の通り。

◇南埼玉 浦和学院(5年ぶり13度目)

◇北福岡 折尾愛真(初出場)

◇宮崎 日南学園(2年ぶり9度目)

◇沖縄 興南(2年連続12度目)

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー