[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「アジア2番目のリーグ」 スペイン紙が日本サッカーに脚光 意外な“最注目選手”は

「アジア2番目のリーグ」 スペイン紙が日本サッカーに脚光 意外な“最注目選手”は

サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会でスペイン代表として優勝したMFアンドレス・イニエスタがJ1神戸、FWフェルナンド・トーレスが鳥栖に加入。22日の試合でそれぞれJリーグデビューを飾ったが、母国が誇るスターが渡った日本についてスペイン紙も注目を寄せている。「マルカ」は「日本サッカーに関する10の興味深い事実」と題した特集を掲載。「最も有名な名前」として「大空翼」を挙げるなど、独自の日本文化に関心を示している。

神戸にJ1デビューを果たした元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】
神戸にJ1デビューを果たした元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ【写真:Getty Images】

イニエスタ&トーレス加入で熱視線、「日本サッカーの10の興味深い事実」を特集

 サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会でスペイン代表として優勝したMFアンドレス・イニエスタがJ1神戸、FWフェルナンド・トーレスが鳥栖に加入。22日の試合でそれぞれJリーグデビューを飾ったが、母国が誇るスターが渡った日本についてスペイン紙も注目を寄せている。「マルカ」は「日本サッカーに関する10の興味深い事実」と題した特集を掲載。「最も有名な名前」として「大空翼」を挙げるなど、独自の日本文化に関心を示している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 イニエスタ&トーレス上陸でサッカーの本場も日本サッカーに関心を寄せている。「日本サッカーに関する10の興味深い事実」と題したスペイン紙「マルカ」の記事では、10のトピックをスペインファンに伝えている。

 2番目には「アジアで2番目のリーグ」と紹介し、「中国スーパーリーグに次いで、J1は韓国に優り、アジアで2番目のリーグ戦の評価を得ている」としている。また、7番目には「先駆者」として「1997年にフリオ・サリナスは横浜マリノスと契約を結び、Jリーグで初のスペイン人選手となった。後にアイトール・ベギリスタインが浦和レッズと契約を結び、キャリアをこのチームで全うした」とスペイン選手とJリーグの歴史も紹介している。

 そして、日本サッカーを特徴づけるサポーターにも注目している。8番目には「バイラルなファン」を挙げた上で「2018年のW杯で日本サポーターは試合終了後にスタジアムを掃除するなどの行動で絶賛され、国内ではフェルナンド・トーレスを歓迎した時のチャントや振り付けで注目を浴びた」と独自の文化を築いているサポーターの存在を伝えている。加えて、ある意味、最も日本らしいのは、最後の10番目の「最も有名な名前」だろう。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー