[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • テンさん、市民葬で5000人が最後の別れ 母国のボクシング英雄も米国から参列

テンさん、市民葬で5000人が最後の別れ 母国のボクシング英雄も米国から参列

暴漢に襲われ、19日に亡くなったソチ五輪のフィギュアスケート男子銅メダリスト、デニス・テンさん(カザフスタン)の市民葬が21日に営まれ、多くのファンが別れを告げた。母国のボクシング界の英雄ゲンナジー・ゴロフキンも米国から急遽帰国し、参列したという。カザフスタンメディア「Prosports.kz」が伝えている。

デニス・テンさんの悲報にスケート界ではショックが広がり続けている【写真:AP】
デニス・テンさんの悲報にスケート界ではショックが広がり続けている【写真:AP】

カザフスタンの英雄ゴロフキンの姿も…会場外に溢れ、5000人が参列

 暴漢に襲われ、19日に亡くなったソチ五輪のフィギュアスケート男子銅メダリスト、デニス・テンさん(カザフスタン)の市民葬が21日に営まれ、多くのファンが別れを告げた。母国のボクシング界の英雄ゲンナジー・ゴロフキンも米国から急遽帰国し、参列したという。カザフスタンメディア「Prosports.kz」が伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「カザフスタン人がデニス・テンにさよならを告げる」と題した記事によると、悲しみの死から2日、カザフスタンの最大都市アルマトイで市民葬が営まれた。棺が置かれた数千人規模の会場外まで人で溢れ、生前の写真のほか、供える花を持ったファンが最後の別れをしようと殺到し、行列を作った様子を写真で伝えている。

 その一人がボクシング界で世界最強の呼び声も高いゴロフキン。テンさんと並び、カザフスタンのスポーツ界が誇る英雄だ。「ゴロフキンがデニス・テンの葬儀のためトレーニングを中断して飛ぶ」と伝えた記事では生前のテンさんとの2ショットも掲載され、親交があったようだ。ゴロフキンは練習拠点の米国から急遽駆けつけ、故人を忍んだという。

 現地テレビ局「Channel 24KZ」によると、参列者は5000人を数えたという。あまりに早すぎる死を多くのファンが悼んでいた。

(THE ANSWER編集部)

DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー