[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本の評価は? “明暗のアジア”を海外はどう見たのか 「W杯ベスト11」の面々は…

日本の評価は? “明暗のアジア”を海外はどう見たのか 「W杯ベスト11」の面々は…

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は決勝がフランス―クロアチアに決まり、3位決定戦を含め、残りあと2試合となった。予想外の躍進、敗退もあった今大会。5か国が出場したアジア勢では日本が唯一決勝トーナメントに進出し、鮮烈なインパクトを残した。海外メディアは今大会の“アジアベスト11”を選出し、日本から過半数の最多6人が選ばれている。

「アジアベスト11」に選出された柴崎【写真:Getty Images】
「アジアベスト11」に選出された柴崎【写真:Getty Images】

米専門局が選出、日本から過半数の6人が「アジアベスト11」に選出

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は決勝がフランス―クロアチアに決まり、3位決定戦を含め、残りあと2試合となった。予想外の躍進、敗退もあった今大会。5か国が出場したアジア勢では日本が唯一決勝トーナメントに進出し、鮮烈なインパクトを残した。海外メディアは今大会の“アジアベスト11”を選出し、日本から過半数の最多6人が選ばれている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

「オピニオン:アジア連盟ベストイレブン」と題し、特集したのは米スポーツ専門局「FOXスポーツアジア」だった。「2018年ワールドカップ優勝国が決まるまであと1試合を残し、アジアの参加が終わって久しいことから、FOXスポーツアジアは、AFCの出場国からベストイレブンを選ぶことで大陸の5か国がどのようだったのかを振り返りたい」と記し、アジアベスト11を選出している。

 日本からはFWで大迫勇也、MFで香川真司、乾貴士、柴崎岳、DFで長友佑都、酒井宏樹の6人が名を連ねた。韓国、イランの2人、オーストラリアの1人と比べると圧倒的だ。

 記事では、独占した両サイドバックについて「2人ともまさに山のような仕事量をこなすことに傑出」と評した上で、酒井宏については「ベルギー戦で最後の15分間に足がつるほどだったが、変わらず右サイドでメトロノームのような往来を繰り返し高品質のクロスを見せた」と評価している。

 長友については「長友は左サイドで相手の背後に抜けたりエリア前にカットバックしたりと幾多のチャンスを作る卓越した貢献者だった。彼はまたポジショニングや守備でも素晴らしかった」と賛辞をつづっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー