[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、復活の“52日ぶり弾”に米ファン絶頂「これを待ってた」「オオタニは怪物」

大谷翔平、復活の“52日ぶり弾”に米ファン絶頂「これを待ってた」「オオタニは怪物」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、本拠地ドジャース戦でメジャー初代打本塁打となる勝ち越し7号ソロを放った。実に52日ぶり、出場17試合ぶりの一発をMLBは動画付きで速報。怪物の復活劇に対し、米ファンは「これを待っていた」「オオタニにできないことって何?」「本物の化け物と認めざるを得ない」と大興奮となっている。

メジャー初代打本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
メジャー初代打本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

出場17試合ぶりの135m弾をMLBが公開で反響「本物と化け物と認めざるを得ない」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、本拠地ドジャース戦でメジャー初代打本塁打となる勝ち越し7号ソロを放った。実に52日ぶり、出場17試合ぶりの一発をMLBは動画付きで速報。怪物の復活劇に対し、米ファンは「これを待っていた」「オオタニにできないことって何?」「本物の化け物と認めざるを得ない」と大興奮となっている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 怪物がついに目覚めた。3-3で迎えた7回先頭、代打で大谷が登場した。一気に期待感が高まるエンゼルスタジアム。そして、カウント2-2から変則右腕シャグワが投じた6球目に二刀流が牙を剥いた。

 内角低めの速球を完璧に振り抜いた。センター方向にかっ飛ばした瞬間、予感した本拠地は一気に大歓声。大飛球を背走した中堅手が追いかけ、しかし、行く手をフェンスが遮った。立ち尽くし、見送った遥か先に白球は着弾。文句なしの7号ソロとなった。

 5月17日のレイズ戦以来、17試合ぶりの135メートル弾は貴重な勝ち越し弾。熱狂が渦巻く中、ダイヤモンドを一周すると、日本流の握手で出迎えられ、ベンチへ。熱いハイタッチを繰り返し、最後は綺麗なお辞儀も披露。思わず、笑みがこぼれた。

 MLBは公式インスタグラムで動画付きで速報。映像を観ると、内角低めの速球は決して甘いボールではなく、長い両腕をコンパクトに折り畳み、ボールを捉えている。復活の一発を目の当たりにした米ファンもコメント欄で続々と歓喜の声を上げている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー