[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本が残した“美しき敗者”の姿 海外ファン感銘「学ぶべきことたくさんある」

日本が残した“美しき敗者”の姿 海外ファン感銘「学ぶべきことたくさんある」

サッカー日本代表はワールドカップ(W杯)ロシア大会で2大会ぶりの16強入り。決勝トーナメント1回戦でFIFAランク3位のベルギーを2点リードして追い詰めるなど、ピッチ上の奮闘ぶりは世界の称賛を呼んだが、米メディアは日本の選手、サポーターがピッチ外で残したスポーツマンシップの様子を画像で公開。“美しき敗者”の姿に対し、海外ファンは「こういう行いが必要、素晴らしいスポーツマンシップの見本だ」「このような行いから学ぶべきことはたくさんある」などと尊敬を集めている。

日本代表【写真:Getty Images】
日本代表【写真:Getty Images】

ロッカーで客席で…米メディアが公開した画像に反響「こういう行いが必要だ」

 サッカー日本代表はワールドカップ(W杯)ロシア大会で2大会ぶりの16強入り。決勝トーナメント1回戦でFIFAランク3位のベルギーを2点リードして追い詰めるなど、ピッチ上の奮闘ぶりは世界の称賛を呼んだが、米メディアは日本の選手、サポーターがピッチ外で残したスポーツマンシップの様子を画像で公開。“美しき敗者”の姿に対し、海外ファンは「こういう行いが必要、素晴らしいスポーツマンシップの見本だ」「このような行いから学ぶべきことはたくさんある」などと尊敬を集めている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 敗れはした。しかし、日本は“美しき敗者”だった。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」が公式インスタグラムに公開したのは、4枚の画像だった。

 1枚目はゴミ一つ落ちておらず、まるですでに清掃されたかのようなロッカールーム。中央には、ロシア語で「スパシーバ(ありがとう)」のカードが置かれている。FIFA関係者が試合後に公開して話題を呼んだものだ。2枚目は被り物をしたり、ハチマキを巻いたりした日本人サポーター2人がゴミ袋を持って客席を清掃している様子。いずれも日本らしさを象徴するものだ。

 投稿では「日本は敗退後にも関わらずスタンドを掃除し、ベルギー戦後のロッカールームではロシア語で『ありがとう』とメッセージを残した。彼らだけではない、サウジアラビアやセネガルもW杯で同じ行いをしてきた。全てのファンとスポーツマンに感謝を表明した!」とつづり、日本から波及した2か国のサポーターも清掃活動する写真2枚も添えている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー