[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

週末の女子ゴルフで撮られた1枚の名場面 涙の藤田さいきを「讃える姿は美しかった」

20日まで行われた女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディス(愛媛・エリエールGC松山)は、通算21アンダーで回った36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)が逆転優勝。1988年のツアー制施行後では史上2番目のブランクとなる11年35日ぶりのツアー通算6勝目は、鈴木愛(セールスフォース)との熾烈なデッドヒートの末に生まれた。その中で1枚の印象的な写真を日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式インスタグラムが紹介し、反響が広がっている。

大王製紙エリエールレディスで11年ぶりの優勝を決めた藤田さいき【写真:Getty Images】
大王製紙エリエールレディスで11年ぶりの優勝を決めた藤田さいき【写真:Getty Images】

デッドヒートの末に敗れた鈴木愛に「素晴らしい戦いでした」の声

 20日まで行われた女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディス(愛媛・エリエールGC松山)は、通算21アンダーで回った36歳の藤田さいき(チェリーゴルフ)が逆転優勝。1988年のツアー制施行後では史上2番目のブランクとなる11年35日ぶりのツアー通算6勝目は、鈴木愛(セールスフォース)との熾烈なデッドヒートの末に生まれた。その中で1枚の印象的な写真を日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式インスタグラムが紹介し、反響が広がっている。

 秋の松山で激闘を繰り広げた実力者2人のリスペクトが伝わる1枚だった。

 最終日。単独首位で出た2017、19年賞金女王の鈴木は、同組の藤田と伸ばし合う展開に。サンデーバックナインまで熾烈なデッドヒートとなったが、最後は競り負け、1年4か月ぶりのツアー通算18勝目はならなかった。しかし、最終18番を終えると、心からの祝福を示すように涙を流す藤田をハグした。

 ラウンド後には、鈴木も涙を流したほど悔しがったが、「2人が落として優勝争いするのは嫌なので、2人ともしっかり伸ばすゴルフする中で優勝争いができた。自分も良いプレーしましたが、さいきさんがもっと良いプレーをしたのでしょうがないかなと思います」と潔く藤田を称えた。

 そんなスポーツマンシップが伝わる写真をJLPGA公式インスタグラムが紹介。こんなメッセージを記した。

「今季初優勝、そしてJLPGAツアー通算18勝目を狙い、単独首位から出た鈴木愛。最終18番まで勝負の行方が分からない大接戦を演じましたが、惜しくもあと1歩及ばず単独2位。今大会を最後まで盛り上げてくれました」

 すると、ファンからは「藤田さんを讃えている姿は美しかったです」との声が寄せられたほか、「強い愛ちゃんが戻りました~」「こんなグッドルーザー鈴木愛は見た事ない」「素晴らしい戦いでした」「ラストシーン。本当に、やりきった喜びが伝わりました」などの反響もあった。

 優勝には届かなかったものの、復調を感じさせたのも事実。鈴木は次週の今季のツアー最終戦で完全復活の優勝を目指す。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集