[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

石川遼、ファンの心を震わせた18番グリーンに感動の声「苦しくても諦めなかった結果」

男子ゴルフの国内ツアー・三井住友VISA太平洋マスターズは13日、静岡・太平洋クラブ御殿場(7262ヤード、パー70)で最終日が行われ、3打差の2位で出た31歳の石川遼(CASIO)が約3年ぶりのツアー通算18勝目を挙げた。通算8アンダーで並んだ星野陸也(興和)とのプレーオフで勝利。ウィニングパットを打ち、喜びをかみしめる動画を日本ゴルフツアー機構(JGTO)が公開すると、ファンから「苦しくとも諦めずに取り組んだ結果」と感動した様子のコメントが集まった。

石川遼(撮影は2019年)【写真:Getty Images】
石川遼(撮影は2019年)【写真:Getty Images】

石川遼復活Vをグリーン脇から撮影

 男子ゴルフの国内ツアー・三井住友VISA太平洋マスターズは13日、静岡・太平洋クラブ御殿場(7262ヤード、パー70)で最終日が行われ、3打差の2位で出た31歳の石川遼(CASIO)が約3年ぶりのツアー通算18勝目を挙げた。通算8アンダーで並んだ星野陸也(興和)とのプレーオフで勝利。ウィニングパットを打ち、喜びをかみしめる動画を日本ゴルフツアー機構(JGTO)が公開すると、ファンから「苦しくとも諦めずに取り組んだ結果」と感動した様子のコメントが集まった。

 歓喜の瞬間、18番グリーン脇から悲鳴が上がった。石川は天を仰ぎ、佐藤賢和キャディーとハグ。雨の中でも集まった多くのギャラリーから祝福の拍手が注がれた。グリーン脇から撮っていたカメラに気づくと、「おーっ」とポツリ。両手を膝につき、喜びをかみしめた。

 一部始終の動画を公開したJGTO公式インスタグラムは、文面に「会場で観戦した全てのギャラリーが感動したあの瞬間をノーカットでお送りします」などと記して投稿。コメント欄では「苦しくとも諦めずに取り組んだ結果が今回に繋がったのですね」「最後まで諦めない落ち着いたプレーに感動しました」「何度見ても良いですね」「感動をありがとう!!」「アスリートの格好よさ、“やっぱり石川プロですよね”の映像でした」とファンの心を震わせている。

 石川は今大会前まで今季4度のトップ10入り。8月のANAオープンでは、最終日に首位に並んだものの、プレーオフで大槻智春(真清創設)に競り負け2位に終わっていた。今大会は10年、12年に続いて3度目の制覇となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集