[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • これぞ守護神・川島 ラインぎりぎりでのストップを海外称賛「ブリリアントな阻止」

これぞ守護神・川島 ラインぎりぎりでのストップを海外称賛「ブリリアントな阻止」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、1次リーグH組で日本はポーランドに0-1で敗戦。同組で勝ち点で並んでいたセネガルも敗れたため、勝ち点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイント(警告数)の差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。敗戦の中でも光ったのはGK川島の好セーブだ。ここ2試合精彩を欠いていた守護神のビッグセーブを、海外メディアが称賛している。

試合後に笑顔を見せる川島永嗣【写真:Getty Images】
試合後に笑顔を見せる川島永嗣【写真:Getty Images】

川島のビッグセーブを海外メディアが称賛

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、1次リーグH組で日本はポーランドに0-1で敗戦。同組で勝ち点で並んでいたセネガルも敗れたため、勝ち点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイント(警告数)の差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。敗戦の中でも光ったのはGK川島の好セーブだ。ここ2試合精彩を欠いていた守護神のビッグセーブを、海外メディアが称賛している。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 川島が本来の安定感を取り戻した。前半32分にMFカミル・グロシツキの強烈なヘディングシュートを右手一本ではじき出すスーパーセーブ。ボールがゴールラインにかかる、ぎりぎりの大ピンチを阻止してみせたのだ。

 後半14分に失点こそしたが、2点目を奪われなかったことで日本は決勝T進出を決めたことを考えると、川島がこの日の立役者と言えるだろう。

 英公共放送BBCは「ここまでのW杯一番のセーブ? カワシマのブリリアントな阻止」と題して、川島の前半32分のストップシーンの動画を掲載。「日本のGKエイジ・カワシマがこれまでの大会随一のセーブの一つを成し遂げた」と称賛している。

 コロンビア戦、セネガル戦では安定感を欠き、交代論も浮上していたが、見事なセーブで信頼を取り戻した川島。より守勢に回る場面が増えそうな決勝トーナメントでも、獅子奮迅の活躍に期待が集まる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー