[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜、同学年・蝉川泰果のプロデビュー祝福 ジュニア時代は「お父さんに怒られ…」

女子ゴルフの日米共催ツアー・TOTOジャパンクラシック(6616ヤード、パー72)が3日、滋賀・瀬田GC北Cで開幕する。前日の2日はプロアマ戦が行われ、古江彩佳(富士通)、西村優菜(スターツ)らが取材対応した。2人は、同じ関西出身で同学年のトッププロ。アマチュアながら国内ツアー出場2試合優勝で、10月31日にプロ宣言した男子ゴルフの蝉川泰果(せみかわ・たいが=東北福祉大4年)も同学年で、4日のマイナビABCチャンピオンシップで蝉川がプロデビューすることを喜びつつ、蝉川への感想、呼び方には違いを見せた。

西村優菜【写真:Getty Images】
西村優菜【写真:Getty Images】

3日からTOTOジャパンクラシック

 女子ゴルフの日米共催ツアー・TOTOジャパンクラシック(6616ヤード、パー72)が3日、滋賀・瀬田GC北Cで開幕する。前日の2日はプロアマ戦が行われ、古江彩佳(富士通)、西村優菜(スターツ)らが取材対応した。2人は、同じ関西出身で同学年のトッププロ。アマチュアながら国内ツアー出場2試合優勝で、10月31日にプロ宣言した男子ゴルフの蝉川泰果(せみかわ・たいが=東北福祉大4年)も同学年で、4日のマイナビABCチャンピオンシップで蝉川がプロデビューすることを喜びつつ、蝉川への感想、呼び方には違いを見せた。

 ジュニア時代、同じ関西出身で、同じ時を過ごした3人。既にトッププロとして活躍している古江と西村は、蝉川の快進撃を喜んでいた。

古江「まず1勝しただけでもうれしかったですけど、すぐにメジャーを獲ったのは『すごすぎる』ので、そういうメッセージを送りました」

西村「もう、ビックリです。『あんな強いプレーできるんだ』と思いました」

 古江は小学校時代から蝉川と一緒にラウンドをし、「ドライバーが飛ぶ」という印象を持っていた。

「小3、小4の頃からすごくうまかったですし、よく飛んでいました。『早く追いつきたいな~』と思っていました」

 しかし、西村の印象は大きく違っていた。

「試合の時に会ったりしましたが、お父さんに怒られて、泣いて、しょげている蝉泰(せみたい)のイメージが強くて(笑)。でも、日本オープンの時はすごくカッコ良かったです」

 ちなみに、古江は蝉川を「泰果」と呼んでいるというが、3人の中では、最も早く米ツアーを主戦場とし、ルーキーイヤーの今季はスコティッシュオープンで1勝を飾っている。今大会は3年ぶりの日米共催となり、古江は前年大会覇者でありながら、「また、違う感じなので、連覇という思いは持たず、4日間でカットがないので、攻めるプレーができたらと思います」などと話した。

 西村は今季最終戦のJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップまで、残り全4試合に出場後、渡米して米ツアー最終予選会(Qスクール)を受験する予定でいる。ただ、今大会に優勝すれば受験免除で、ツアーの出場権を獲得できる。

「Qスクールへの準備は進めていますが、その前に1つのチャンスがあると思って、一生懸命プレーしたいです」

 蝉川も「4大メジャーで優勝したい」と話しており、海外での活躍を希望している。今後も意識し合いながら、3人はそれぞれの夢を追っていく。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集