[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金田久美子、復活Vの裏に父との絆 79歳、会場に姿なく「これでもっと元気になって」

女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。2位に3打差の首位で出た33歳・金田久美子(スタンレー電気)が4バーディー、4ボギーの72で回り、通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で、待望の通算2勝目を飾った。しかし、会場には幼い頃からゴルフを教えてきた父・弘吉さんの姿はなかった。金田は会見で、その理由と父への思いも語った。

11年189日ぶりの勝利を挙げた金田久美子【写真:Getty Images】
11年189日ぶりの勝利を挙げた金田久美子【写真:Getty Images】

樋口久子 三菱電機レディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。2位に3打差の首位で出た33歳・金田久美子(スタンレー電気)が4バーディー、4ボギーの72で回り、通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で、待望の通算2勝目を飾った。しかし、会場には幼い頃からゴルフを教えてきた父・弘吉さんの姿はなかった。金田は会見で、その理由と父への思いも語った。

 復活優勝の場に、父の姿はなかった。金田は言った。

「今日来てほしかったですけど、多分、気を遣ってくれたんだと思います。来たら私が緊張すると思ったのか、自粛してくれたんですけど、本当はハグしたかったですね」

 金田が「天才少女」と呼ばれた頃から、大柄で白髪の弘吉さんの姿はツアー会場でよく見られた。2004年、金田が中3で優勝争いを演じたゴルフ5レディスでも、金田と同じ赤のウェアでコースを歩いていた。だが、最近は姿を見る機会も少なくなった。関係者によると、それは高齢も理由だという。それでも連日、LINEでやり取りをして、前日は「ビックリした。首位だな。頑張れ」とのメッセージが届いたという。

「お父さん、79歳なので元気なうちに2勝目を見せたいと思っていました。それが叶って『良かったな』と思いますし、本当に嬉しいし、ホッとしている気持ちもあります。これで、もっと元気になってくれたらいいなと思うし、これからも良いゴルフを見せてずっと元気でいて欲しいです」
 
 中学時代から、ツアー初優勝を飾った2011年シーズンまでキャディーを務めてくれた橋本道七三(みちひさ)さんが、今月7日、57歳で亡くなった。金田は「前向きなキャディーさんでした。もう1度、担いでほしかったです」。橋本さんとの出会いをつくってくれたのも弘吉さん。金田は名古屋の自宅にいる父と多くのことを語らうことだろう。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集