[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金田久美子、涙の優勝スピーチに感動の嵐 15秒間の沈黙に「これは、くるなぁ…」

女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。33歳・金田久美子(スタンレー電気)が通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランクで通算2勝目を飾った。表彰式の優勝スピーチでは感極まり、15秒間声を詰まらせる場面も。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が投稿した動画にも「これは、くるなぁ…」との声が寄せられた。

11年189日ぶりの勝利を挙げた金田久美子【写真:Getty Images】
11年189日ぶりの勝利を挙げた金田久美子【写真:Getty Images】

優勝スピーチで声を詰まらせ「本当に、諦めずに頑張ってきて良かった」

 女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。33歳・金田久美子(スタンレー電気)が通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランクで通算2勝目を飾った。表彰式の優勝スピーチでは感極まり、15秒間声を詰まらせる場面も。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が投稿した動画にも「これは、くるなぁ…」との声が寄せられた。

 金田が突然、声を詰まらせた。白のウィナーズジャケットをまとって立った表彰式の優勝スピーチ。大会関係者らへの感謝を述べると「ええと、何を喋ればいいだろう」と困ったように少しだけ笑った。「本当に、2勝目をできることを目標に、日々トレーニングに、練習に、本当に……」と言うと、言葉が出てこない。会場から温かい拍手が沸き起こり「頑張れー!」の声が飛ぶ。5秒、10秒……。涙をこらえるようにして、言葉をつないだのは15秒後だった。

「本当に、諦めずにこれまで頑張ってきて良かったなあと思います」

 11年間、優勝から遠ざかったことへの苦悩と、それを乗り越えた喜びが伝わる言葉だった。続けて「ちょっと喋るの苦手で……」と照れ笑いしながらも「お父さんに感謝です。支えてくれたマネージャーさん、ギャラリーの皆様、チームのみんな、本当にありがとうございました」と言い、「これからも3勝目を目指して、ベテランですが、若い子に負けないように頑張ります」と語ると、大きな声援を浴びた。見る者の心を打つ優勝スピーチだった。

 JLPGA公式ツイッターはこの様子を公開。投稿には「これは、くるなあ…」「もらい泣きした」などの声が上がり、ファンも感激した様子だ。優勝会見ではスランプだった5、6年前にはゴルフ場に来ただけで涙がこぼれ、吐き気を催すことがあったことも明かした金田。その想いが詰まった言葉は、感動を呼んだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集