[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渡邊雄太、悲運のオウンゴール珍事にNY実況席も驚き「自軍にダンクを決めてしまった!」

米バスケットボール(NBA)のネッツ・渡邊雄太は29日(日本時間30日)のペイサーズ戦に13分出場し、5得点、2リバウンドを記録した。この試合で、渡邊がリバウンドの競り合いからダンクのような形でオウンゴールしてしまう珍事が発生。現地実況席や米人気珍プレーコーナーから注目を浴びた。

現地実況席も驚くオウンゴールを入れてしまった渡邊雄太【写真:Getty Images】
現地実況席も驚くオウンゴールを入れてしまった渡邊雄太【写真:Getty Images】

人気珍プレーコーナーも紹介「誤って違うチームに得点してしまう」

 米バスケットボール(NBA)のネッツ・渡邊雄太は29日(日本時間30日)のペイサーズ戦に13分出場し、5得点、2リバウンドを記録した。この試合で、渡邊がリバウンドの競り合いからダンクのような形でオウンゴールしてしまう珍事が発生。現地実況席や米人気珍プレーコーナーから注目を浴びた。

 本拠地バークレーセンターで行われた一戦でベンチスタートだった渡邊だが、第1クォーターから出場。残り1分過ぎの場面で珍プレーが生まれた。

 ペイサーズのネムハードが放った3ポイントがリングに弾かれ、バウンド争いに最後尾から参加した渡邊。渾身のジャンプでゴール上でボールを掴み、リバウンドを奪ったかに見えた直後に、問題のシーンが。競り合いでバランスを崩したのか、そのまま自軍のゴールに入れてしまった。

 地元のニューヨークで中継している放送局「YESネットワーク」の実況は「ワタナベが自分のゴールにプットバックダンクを決めてしまったようです!」と絶叫し、実況席は「ダンクしているように見えますね」と思わぬ出来事に笑いも起きた。

 懸命なプレーがアンラッキーな形になってしまったが、米放送局「TNT」の人気珍プレーコーナー「シャッキン・フール」の公式ツイッターも注目。「ユウタ・ワタナベは誤って違うチームに得点を決めてしまう」と泣き笑いの絵文字とともに動画を紹介し、20万回以上再生されるなど、話題になった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集