[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金田久美子に「今季の優勝シーンで一番感動」 あふれた涙にもらい泣きのファンが続出

女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。3打差の首位で出た33歳・金田久美子(スタンレー電気)が4バーディー、4ボギーの72で回り、通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で通算2勝目を飾った。優勝の瞬間は涙をこぼしたキンクミ。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が紹介した動画にはもらい泣きするファンが続出した。

11年189日ぶりの勝利を挙げた金田久美子【写真:Getty Images】
11年189日ぶりの勝利を挙げた金田久美子【写真:Getty Images】

JLPGAが優勝シーンの動画を公開

 女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディス最終日が30日に埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で行われた。3打差の首位で出た33歳・金田久美子(スタンレー電気)が4バーディー、4ボギーの72で回り、通算9アンダーで逃げ切りV。2011月5月のフジサンケイレディス以来11年189日ぶり、1988年のツアー施行後の最長ブランク優勝で通算2勝目を飾った。優勝の瞬間は涙をこぼしたキンクミ。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が紹介した動画にはもらい泣きするファンが続出した。

 思わず涙があふれた。ウィニングパットを沈めた金田。すると、詰めかけた大ギャラリーから大歓声が上がる。優勝は、実に4207日ぶり。21歳で初優勝してから33歳になり、やっとつかんだ2勝目だった。その意味を知る会場の誰もが温かい拍手を送った。金田は目元を押さえ、こみ上げるものを抑え切れない。あらゆる感情の詰まった涙だった。同伴競技者とキャディーとハグを交わし、仲間から祝福の水をかけられると、泣き笑いの表情になった。

 JLPGA公式ツイッターはその模様を紹介。投稿には「もらい泣き」の声が溢れ、「感動的でした」「震災の年以来か…」「涙が出た、本当に感動した」「今シーズンのこれ迄の優勝シーンの中で一番感動しました」「こっちも泣けてくるぜ」「天才少女の復活」「この週末で一番感動した」「11年間折れずに頑張った」「努力は裏切らないって事ですね」との声が寄せられた。10代後半から20代前半の選手が席巻する女子ゴルフ界で、33歳のキンクミの復活は大きな感動を呼んだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集