[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィギュアGPシリーズで日本勢快挙 男子、女子、ペアの3種目V 宇野&三浦は1、2位独占

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは最終日が29日(日本時間30日)、ミシソーガで行われ、日本勢が3種目で優勝する快挙を達成した。男子を宇野昌磨(トヨタ自動車)、女子を渡辺倫果(法大)、ペアを三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)組が制した。

男子シングルで優勝した宇野昌磨【写真:Getty Images】
男子シングルで優勝した宇野昌磨【写真:Getty Images】

第2戦スケートカナダは男子が宇野、女子が渡辺、ペアがりくりゅう優勝

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは最終日が29日(日本時間30日)、ミシソーガで行われ、日本勢が3種目で優勝する快挙を達成した。男子を宇野昌磨(トヨタ自動車)、女子を渡辺倫果(法大)、ペアを三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)組が制した。

 ミシソーガが日本勢の躍動に染められた。まずは女子フリー。ショートプログラム(SP)6位だった渡辺が大技3回転アクセルを決めるなど、フリー1位の134.32点、合計197.59点で逆転し、GPシリーズ初出場初優勝の快挙を飾った。

 続いたのはペアフリーの「りくりゅう」こと、三浦、木原組。SP首位から息の合った演技を披露し、合計212.02点を記録した。日本勢ではこの種目初となるGPシリーズ制覇を達成。日本勢にとってようやく強化が進んできたペアで、うれしい初優勝を成し遂げた。

 締めくくりは男子フリーの宇野だ。4回転を4種類5本組み込む高難度の構成を演じ、ジャンプが乱れる場面はあったものの、183.17点を記録。合計273.15点で逆転優勝し、GP通算7勝目となった。SP首位だった三浦佳生とのワンツーフィニッシュを達成した。

 今シーズンは昨シーズンから続き、ロシア、ベラルーシ選手は国際スケート連盟(ISU)から国際大会からの除外措置を今季も継続され、出場していないものの、世界の強豪が集まるGPシリーズ3種目で日本勢が表彰台の真ん中に立つ偉業となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集