[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳川崎春花が渋野日向子と同組で強心臓 人生断トツの大観衆も「凄く楽しかったです」

女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディスが28日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で開幕した。前週にツアー2勝目を飾ったルーキーの19歳・川崎春花(村田製作所)は、6バーディー、ボギーなしの66で回って6アンダーとし、自身初の首位発進を果たした。渋野日向子(サントリー)が、約5か月ぶりに国内ツアー出場していることもあり、会場には大勢のギャラリーが詰めかけた。発表された入場者数は5587人。今季ツアー平日開催の第1日に限れば最多記録となったが、川崎は「緊張はしなかった」「楽しかった」「うれしかった」などと振り返った。

樋口久子 三菱電機レディス、首位発進を決めた川崎春花【写真:Getty Images】
樋口久子 三菱電機レディス、首位発進を決めた川崎春花【写真:Getty Images】

樋口久子 三菱電機レディス第1日

 女子ゴルフの国内ツアー・樋口久子 三菱電機レディスが28日、埼玉・武蔵丘GC(6650ヤード、パー72)で開幕した。前週にツアー2勝目を飾ったルーキーの19歳・川崎春花(村田製作所)は、6バーディー、ボギーなしの66で回って6アンダーとし、自身初の首位発進を果たした。渋野日向子(サントリー)が、約5か月ぶりに国内ツアー出場していることもあり、会場には大勢のギャラリーが詰めかけた。発表された入場者数は5587人。今季ツアー平日開催の第1日に限れば最多記録となったが、川崎は「緊張はしなかった」「楽しかった」「うれしかった」などと振り返った。

 最終18番パー5。第3打をピン右80センチにつけた川崎は、難なく6つ目のバーディーを奪った。ギャラリーから「ナイスバーディー」「ナイスプレー」の声がかかると、優しい目を細くしてニッコリ。会見では「凄く楽しかったです」と言った。

「1番のティーグランドに上がって、ギャラリーさんの数に凄くビックリしました。こんなに大勢の前でゴルフをしたのは初めてで、(ギャラリーの声援も)うれしかったです。今までの断トツ(の多さ)でした。でも、緊張はしなかったです。楽しくプレーできました。ノーボギーで凄く良かったです」

 1番パー5からバーディーを奪い、3番パー4、5番パー5と順調にスコアを伸ばした。迷いなく振り切るスイングで、ドライバーショットが渋野よりも、前に飛ぶホールも少なくなかった。

「特に後半はアドレナリンが出て、いつもより飛んでいる感じはありました。パットも良くて、ミドルもショートもよく入ってくれました」

 前週のNOBUTA GROUPマスターズGCレディースでは第1日にパットに苦しみ、第2日からボールに6センチ近づいて、手元を上げるフォームに変えてストロークが安定。好調は今週も続き、速く傾斜の強いグリーンにも適応した。

 ホール間では、初めて同組でプレーした渋野とも談笑。前日に「質問してみたい」と言っていた通り、「アメリカの生活はどうですか?」と聞くなどした。

「渋野さんは『移動とかは大変だけど、楽しいよ』とおっしゃっていました。でも、話されている時とプレーに入ってからの切り替えが凄いと思いました」

 9月の日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯でツアー初優勝を飾った。しかし、その後の2試合は連続予選落ち。再び優勝翌週の試合に臨んだ川崎は「今度は絶対に予選落ちだけはしたくないという思いでいました」。そして、自身初の首位発進。2週連続優勝の期待もかかる中、「切り替えて、また良い位置にいけるようにしたいです」と気を引き締めた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集