[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

英競馬で起こったゴール間違い 全力追い→大失速最下位に欧州紙断罪「恥ずかしい大失態」

欧州競馬で衝撃的なレースが展開された。26日(日本時間27日)に英ケンプトンパーク競馬場で行われたレースで、騎手が距離を誤認して全力で手綱をしごいてしまい、残りの周回で大失速。欧州メディアは「恥ずかしい大失態」と報じている。

ニール・カラン騎手【写真:Getty Images】
ニール・カラン騎手【写真:Getty Images】

英ケンプトンパーク競馬場で起きた衝撃の騎乗

 欧州競馬で衝撃的なレースが展開された。26日(日本時間27日)に英ケンプトンパーク競馬場で行われたレースで、騎手が距離を誤認して全力で手綱をしごいてしまい、残りの周回で大失速。欧州メディアは「恥ずかしい大失態」と報じている。

 問題のレースは26日夜にケンプトンパーク競馬場で行われた「2マイル・ハンデキャップ」(AW3200メートル、10頭立て)。このレースでニール・カラン騎手が騎乗したバレエブランはスタートしてから600メートルほど走ったところで先頭に立ち、そこからカラン騎手は全力で追い始めた。

 騎手のアクションに応えたバレエブランは後続に5馬身ほどの差をつけてゴール……と思いきや、レースはまだ続いていた。実際はそこからあと1周残されており、カラン騎手は追うのをやめていたが、時すでに遅し。後続に次々と抜かれていった。

 英競馬番組「レーシングTV」公式ツイッターは「劇的展開! 今夜のケンプトンでの2マイル・ハンディキャップで、バレエブランに乗ったニール・カランはレースを早く終えすぎた」との文面で動画を公開。このレースについてはアイルランド紙「アイリッシュ・ミラー」も「騎手が1周早くレースを終える『恥ずかしい』大失態に手を挙げる」との見出しで報じている。

 記事内では「バレエブランの騎手のニール・カランはケンプトンでのオールウェザーレースで距離を見間違えた」とした上で「水曜日の夜の2マイルのレースで3ハロン走ったところでリード。カランは2ハロンのポールの箇所でドライブポジションについた」と序盤の展開を記した。さらに「彼はライバルを遠ざけ勝利が近づいた」「カランは余裕をもって勝利したと信じると馬を失速させた。その直後、彼は失敗に気づいた」と状況を説明している。

 レースは1番人気のブレイズオンファイブが優勝。バレエブランは完走したものの、9着馬に86馬身差もつけられ、最下位で入線した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集