[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、歴史的1年で残った“悲しい記録”にも脚光 ファン悲鳴「これが日常だった」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、チームが低迷する中でも投打に活躍。打っては34本塁打、投げては15勝で、史上初めて規定打席&規定投球回のダブル到達を達成した。ポストシーズンには進めなかったが、米データ分析会社は大谷が残した“悲しい記録”を連続で紹介。米ファンからは「オオタニを解放しろ」「本当にこれが日常的だった」などとコメントが書き込まれた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

今季も二刀流で活躍、一方でチームは低迷

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、チームが低迷する中でも投打に活躍。打っては34本塁打、投げては15勝で、史上初めて規定打席&規定投球回のダブル到達を達成した。ポストシーズンには進めなかったが、米データ分析会社は大谷が残した“悲しい記録”を連続で紹介。米ファンからは「オオタニを解放しろ」「本当にこれが日常的だった」などとコメントが書き込まれた。

 1918年のベーブ・ルース以来となる年間2桁本塁打&2桁勝利など、歴史に残る成績を残した大谷。一方でチームは2014年を最後にポストシーズンに進めておらず、6月に球団ワーストの14連敗を記録するなど低迷。73勝89敗と借金16で今季終了となった。

 米データ分析会社「コディファイ・ベースボール」公式ツイッターは、そんなシーズンで大谷が残した“悲しい記録”を連続で紹介した。まず「今季のMLBで、長打を打った試合でチームが負けた選手はショウヘイ・オオオタニが最多。38!」と紹介。打っても報われなかったことが多かったことを伝えた。

 さらに別の投稿で「エンゼルスは今季、ショウヘイ・オオオタニが8打点をマークした試合で敗戦。1選手が1試合で8打点を記録し、そのチームが勝たなかったのはMLB史上4度のみ」と記した。6月21日(日本時間22日)の本拠地ロイヤルズ戦で、大谷は9回に起死回生の同点3ランを放つなど2本塁打8打点。それでもチームは延長戦に敗れていた。翌日には8回2安打無失点、13奪三振の力投を披露し、2日間で米国に衝撃を与えていた。

 こうした投稿に、米ファンからは「どこにトレードされるかな」「オオタニを解放しろ」「本当にこれが日常的だった」「MVPだ!」「エンゼルスには才能を無駄にする才能があるよね」などとコメントが書き込まれた。日本のファンも「大谷さん悲しみを背負う」「うっこれを蒸し返さないでくれ」などと悲鳴を上げていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集