[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

一度は全休したフィギュア元全米女王、復活の3Lz-3Tに海外称賛「彼女を見られ嬉しい」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは、女子シングルで坂本花織(シスメックス)が優勝した。摂食障害などを乗り越えた27歳グレイシー・ゴールド(米国)は、合計174.09点で6位。主要国際大会では復帰後の最高順位となった。3回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプも披露。海外メディアも「ワンダフル」「彼女のスケートを見られるとは、なんという喜び」と称賛している。

スケートアメリカ女子シングル、合計174.09点で6位だったグレイシー・ゴールド【写真:Getty Images】
スケートアメリカ女子シングル、合計174.09点で6位だったグレイシー・ゴールド【写真:Getty Images】

GPシリーズ・スケートアメリカでゴールドが6位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦スケートアメリカは、女子シングルで坂本花織(シスメックス)が優勝した。摂食障害などを乗り越えた27歳グレイシー・ゴールド(米国)は、合計174.09点で6位。主要国際大会では復帰後の最高順位となった。3回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプも披露。海外メディアも「ワンダフル」「彼女のスケートを見られるとは、なんという喜び」と称賛している。

 女子フリー、ブルーの衣装でリンクに立ったゴールドは、ジャンプで失敗もあったものの、SPでも決めた3回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプに美しく着氷。地元ファンを大いに沸かせた。ステップやスピンも美しく滑り、演技中には笑顔も輝かせた。

 14年ソチ五輪団体銅メダル獲得に貢献し、全米選手権は14、16年と2度制したゴールド。うつ病、不安障害、摂食障害により、17-18年シーズンを全休し、翌シーズンのグランプリ(GP)シリーズのロステレコム杯で復帰。19-20年シーズンに3年ぶりに全米選手権に出場して12位。今年1月の全米でマークしていた10位を超える復帰後最高の順位だった。

 27歳になったゴールドの演技に、ツイッター上では称賛の声が集まった。ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」の公式ツイッターは「私たちは皆カムバックストーリーが大好きだ。グレイシー・ゴールドはワンダフルだった。本当に彼女を見られたことが嬉しいし、これはトップへの旅の序章だ」と記した。

 また米専門誌「スケーティング・マガジン」などに寄稿するクレア・クルーティエ記者はシーズンベストであることも伝えつつ「グレイシー・ゴールドによる堅実なプログラム。冒頭の3回転ルッツと3回転トウループのコンボがハイライトでしょう。良かったね!」と記し、女子スポーツのニュースレーターサイト「パワープレー」のリンゼイ・ギブス記者も「グレイシー・ゴールドの滑りを見られるなんて、なんという喜びなんでしょう」と歓喜していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集