[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

旧帝大の名門勢はドラフト明暗 東大コンビが指名漏れ、京大152km右腕は育成7位指名

2022年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が20日、都内のホテルで行われ、支配下、育成ともに指名が終了した。旧帝大の名門校からプロ志望届を複数提出し、話題になっていたが、明暗が分かれる形になった。

東大の井澤駿介(左)と阿久津怜生【写真:東京大学野球部提供】
東大の井澤駿介(左)と阿久津怜生【写真:東京大学野球部提供】

プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

 2022年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が20日、都内のホテルで行われ、支配下、育成ともに指名が終了した。旧帝大の名門校からプロ志望届を複数提出し、話題になっていたが、明暗が分かれる形になった。

 宇都宮高(栃木)野球部出身の東大・阿久津怜生外野手は、大学2年夏までアメフト部に在籍し、野球部に転部した異色の選手。中学時代に陸上部で400メートル全国優勝した俊足も生かし、今年は春秋リーグ戦で通算3本塁打も放つなど、野手としては東大初の指名を期待された。また、同じく東大の右腕・井澤駿介は2年春から先発として活躍し、3、4年時は通算2勝を挙げるなどエースとして奮闘したが、指名はならず。

 京大では、同校史上最速といわれる152キロ右腕・水口創太がソフトバンク育成7位で指名され、同校では2014年ロッテ2位の田中英祐投手以来8年ぶり2人目の快挙となった。一方、チームメートである愛澤祐亮は、本職は捕手ながら投手もこなすマルチプレーヤーとして話題になったが、指名ならず。今春にリーグ戦6勝を挙げた名古屋大のエース・本田健悟も名前は呼ばれなかった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集