[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

奪三振率、驚異の「13.3」! 打者がのけぞる“魔球”ナックルカーブが半端ない

米大リーグ、インディアンスのトレバー・バウアー投手のナックルカーブがものすごい変化で話題を呼んでいる。23日(日本時間24日)に本拠地タイガース戦に先発したバウアーが投じたボールは、ホームプレートのはるか手前でワンバウンドしているにも関わらず、打者がスイング。またストライクゾーンに決まるボールでも打者を大きくのけぞらせるなど、“魔球”ような曲がり方で驚かせた。このナックルカーブをMLBが公式ツイッターで公開している。

インディアンスのトレバー・バウアー【写真:Getty Images】
インディアンスのトレバー・バウアー【写真:Getty Images】

インディアンスのバウアーがものすごい変化のナックルカーブを披露

 米大リーグ、インディアンスのトレバー・バウアー投手のナックルカーブがものすごい変化で話題を呼んでいる。23日(日本時間24日)に本拠地タイガース戦に先発したバウアーが投じたボールは、ホームプレートのはるか手前でワンバウンドしているにも関わらず、打者がスイング。またストライクゾーンに決まるボールでも打者を大きくのけぞらせるなど、“魔球”ような曲がり方で驚かせた。圧巻のナックルカーブをMLBが公式ツイッターで公開している。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 こんなボールをどうやって打てばいいというのか。バウアーが“魔球”で打者を牛耳った。まずは2回2死一塁だ。打席に立ったカンデラリオは、2ストライクからの3球目、ホームプレートのはるか手前でバウンドするナックルカーブに思わず手が出てしまった。

 さらに驚愕させた1球は7回だ。右打席に入ったイグレシアスに対して投じたナックルカーブ。体に向かってくる1球に上体をのけぞらせたが、急激に変化したボールはストライクゾーン高めに決まって見逃し三振。手も足も出ないとはこのことだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集