[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「痛恨のミスは大きな代償となった」 韓国メディアがPK献上のDFに厳しい視線

「痛恨のミスは大きな代償となった」 韓国メディアがPK献上のDFに厳しい視線

ワールドカップ(W杯)ロシア大会は23日、F組の韓国はメキシコに1-2で敗戦。初戦のスウェーデンに続いて連敗を喫した。ドイツが勝ったため、グループリーグでの敗退決定は免れたが、依然として厳しい状況には変わりがない。同国メディアは、先制点につながるPKを献上したDFチャン・ヒョンスに対し、「無責任なタックル」と厳しい視線を送っている。

先制点につながるPKを献上した韓国DFチャン・ヒョンス【写真:Getty Images】
先制点につながるPKを献上した韓国DFチャン・ヒョンス【写真:Getty Images】

前半24分のPK献上シーンに韓国メディアは厳しい視線

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会は23日、F組の韓国はメキシコに1-2で敗戦。初戦のスウェーデンに続いて連敗を喫した。ドイツが勝ったため、グループリーグでの敗退決定は免れたが、依然として厳しい状況には変わりがない。同国メディアは、先制点につながるPKを献上したDFチャン・ヒョンスに対し、「無責任なタックル」と厳しい視線を送っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 韓国が2試合連続で痛恨のファウルから失点を許してしまった。前半24分、エリア内でスライディングでブロックしようとしたDFチャン・ヒョンスの手に当たり、PKの判定。これをFWカルロス・ベラに決められて先制された。

 前回のスウェーデン戦も決勝点はPKからだった。2試合連続で勝敗を分けたプレーに対し、韓国メディア「スポータルコリア」は「チャン・ヒョンスの無責任なタックル」と見出しを付けて試合を振り返り、記事では「痛恨のミスは、韓国代表にとって大きな代償となった」と断罪している。

 韓国は今大会で最多となる24のファウルを犯し、この試合で4枚のイエローカードを提示された。英紙では、メキシコの指揮官が「誰がそれを犯したのか、一目瞭然だ。フットボールのために、必要な予防と判断措置がとられることを願う」と苦言を呈していたが、くしくもファウルで自滅してしまった格好だ。

 同メディアの別の記事でも「韓国はスプリントでは負けていなかったが、スキルと戦術面がメキシコに比べると甘かった。韓国はラフなプレーもあり、ファウルや注意が数多くあった。チャン・ヒョンスのタックルは誤ったものであった」と重ねてファウルの多さを指摘している。

 勝たなければならないドイツとのグループリーグ第3戦で、立て直すことはできるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー