[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

W杯日本と対戦のドイツDF、殊勲弾後の大流血にも勇敢コメント「死なない者は強くなる」

海外サッカー、欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節が11日(日本時間12日)に行われ、F組のレアル・マドリード(スペイン)はシャフタール・ドネツク(ウクライナ)と1-1で引き分け。勝ち点を10として2試合を残しての決勝トーナメント進出を決めた。敗色濃厚だった後半アディショナルタイム(AT)にドイツDFアントニオ・リュディガーが値千金の同点ゴール。その際、相手との接触で大流血したが、試合後に勇敢なメッセージを出し、海外ファンからは「勇者の塊」「ジェントルマン」といった称賛の声が寄せられている。

シャフタール・ドネツク戦に出場したレアル・マドリードのアントニオ・リュディガー【写真:Getty Images】
シャフタール・ドネツク戦に出場したレアル・マドリードのアントニオ・リュディガー【写真:Getty Images】

欧州チャンピオンズリーググループリーグ第4節

 海外サッカー、欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節が11日(日本時間12日)に行われ、F組のレアル・マドリード(スペイン)はシャフタール・ドネツク(ウクライナ)と1-1で引き分け。勝ち点を10として2試合を残しての決勝トーナメント進出を決めた。敗色濃厚だった後半アディショナルタイム(AT)にドイツDFアントニオ・リュディガーが値千金の同点ゴール。その際、相手との接触で大流血したが、試合後に勇敢なメッセージを出し、海外ファンからは「勇者の塊」「ジェントルマン」といった称賛の声が寄せられている。

 執念の一撃だった。レアルが1点ビハインドの後半アディショナルタイム5分、MFトニ・クロースのクロスに飛び込んだのはリュディガーだった。ボールはゴールネットを揺らして同点。しかし、リュディガーはシャフタールGKアナトリー・トルビンと頭から激しく接触。ユニフォームは血だらけとなり、スタッフに付き添われてピッチを後にした。

 試合後、リュディガーは自身のツイッターを更新。ユニフォームの右肩付近が血だらけとなり、自身も頭部をスタッフに押さえられている写真を公開した。そこには「死なない者は強くなる。私は大丈夫だ。メッセージありがとう」と心配するファンに対してメッセージを残した。

 これには海外ファンからも驚きと感嘆の声が聞かれた。

「勇敢だ」
「勇者の魂」
「早く良くなって」
「このメッセージはジェントルマン」
「これぞファイター」
「お大事に」
「強いな」

 強靭な肉体と精神力を見せつける形となったリュディガー。レアル同様にドイツ代表でも守備の要として体を張る不屈のDFが日本代表の前に立ちはだかる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集