[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本のシンデレラガール長崎美柚、幸せだった6試合 次の階段は「先輩達に次ぐ存在へ」

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で女子決勝が行われ、世界ランク2位の日本は同1位・中国に0-3で敗れ、4大会連続の銀メダル。51年ぶりの世界一を逃した。またも卓球王国の高い壁に阻まれたが、今大会序盤から“シンデレラガール”といえる活躍を見せた長崎美柚の快進撃が光った。決勝では、欠場した早田ひなの思いも背負ってプレー。敗れた中でも大きな収穫を手にした大会となった。

世界卓球、6試合に出場して5勝1敗だった長崎美柚【写真:Getty Images】
世界卓球、6試合に出場して5勝1敗だった長崎美柚【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦で6試合に出場して5勝1敗

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で女子決勝が行われ、世界ランク2位の日本は同1位・中国に0-3で敗れ、4大会連続の銀メダル。51年ぶりの世界一を逃した。またも卓球王国の高い壁に阻まれたが、今大会序盤から“シンデレラガール”といえる活躍を見せた長崎美柚の快進撃が光った。決勝では、欠場した早田ひなの思いも背負ってプレー。敗れた中でも大きな収穫を手にした大会となった。

 決勝では第3試合に登場し、世界ランク1位の孫頴莎と対戦。互角の打ち合いを見せるシーンもあったが、勝負どころで得点を奪えず0-3のストレート負けを喫した。それでも今大会は6試合に出場して5勝1敗。安定感があるサーブレシーブと思い切りのいいフォア攻撃で世界ランク43位以上の存在感を見せた。今大会は石川佳純、平野美宇らが不在。その中で、開幕7連勝で決勝まで日本を導いた立役者の一人となった。

 決勝を終えた長崎は「試合内容としては自分のイメージと試合の展開のギャップが大きかった」と回顧。「自分は攻めないと勝てないと思っていたけど、実際得点していたのは1本、台に多く入れるとか、チャンスを探しながら守るとか。そういう時の方が自分の流れになっていたので、自分がやりたい卓球をやってもダメなんだな」とした上で「中国の選手は戦術とかが凄く細かい。少しずらしたり、少し待って打つとか、点数の取り方が凄くうまい。そういうのを学ぶことができたので、今回の経験を今後に生かしていきたい」と語った。

 日本チームの中で世界ランク最上位5位の早田が不調で決勝は欠場。大一番で起用された長崎は「早田選手は『思い切ってやってこい』と送り出してくれた。試合に出たかったと思うし、中国選手とやりたかった気持ちもあっただろうし、いろんな思いがある中で自分たちの応援やベンチでアドバイスとかずっと送ってくれたので、早田さんの思いの分までしっかり勝ちたかった。そこも悔しいです」と早田への思いも口にした。

 4年前、15歳で初選出された前回大会は出番なし。今大会は「幸せです」と繰り返した夢舞台。中国メディアからも称賛された。「今回は選考会で、自分で権利を獲得したというのもあって、4年前とは気持ちも違った。こうしてプレーさせてもらって、高い緊張感の中で、日本代表を背負ってきた先輩たちは本当にすごい。自分もそれに次ぐ存在になれるように、そして追い越せるように頑張りたいとさらに思った」。喜びと悔しさを経験した長崎には主力としての自覚も芽生えたようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集