[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

長崎美柚と戦った中国の世界1位・孫頴莎が賛辞「彼女特有の個性がある。特にサーブと…」【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で女子決勝が行われ、世界ランク2位の日本は同1位・中国と激突。0-3で敗れ、4大会連続の銀メダルとなった。51年ぶりの優勝を狙った今大会。直近3大会は全て決勝で中国に敗れていたが、またも苦杯を喫した。中国は大会5連覇となった。

中国戦の第3試合に登場した長崎美柚【写真:浜田洋平】
中国戦の第3試合に登場した長崎美柚【写真:浜田洋平】

世界卓球団体戦、女子決勝は4連覇中の中国に敗れる

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で女子決勝が行われ、世界ランク2位の日本は同1位・中国に0-3で敗れ、4大会連続の銀メダル。51年ぶりの世界一を逃した。直近3大会は全て決勝で中国に敗れていたが、またも苦杯。5連覇を飾った絶対女王は、日本との試合を振り返った。

 世界ランクトップ3を配し、日本を圧倒した。グループリーグから7戦連続ストレート勝ちの日本は木原美悠、伊藤美誠、長崎美柚の布陣。一方の世界最強・中国は世界ランク2位の陳夢、同3位の王曼昱、同1位の孫頴莎を揃えた。第1試合、東京五輪女子シングルス金メダリストが18歳の木原を3-0で圧倒。第2戦は王曼昱が世界ランク6位のエース伊藤に第2ゲーム(G)を落としながら、3-1で完勝し、第3試合は世界1位の孫頴莎が20歳の長崎をストレートで破った。

 地元で5連覇の歓喜に酔いしれた中国。試合後のインタビューエリアで特に相手に言及したのは、世界1位の孫頴莎だった。世界ランク43位の長崎について「ナガサキは彼女特有の個性を持っている。特にサーブと3球目に。彼女はその両方でとても個性的だった」と印象を語り、「私は全力を尽くした。時に接戦になる時間もあったが、勝つために全力を尽くした」と振り返った。

 一方、伊藤に1ゲームを落とした王曼昱は「今日は決勝だから準備万端で臨んだ。第3Gと第4Gでは全力を尽くした。最初の3Gはかなり接戦だったし、彼女に負けた際の準備もしていた」と振り返り、「どんなに状況が深刻になっても試合に勝たなければいけなかった」と世界一への強い決意があったことを明かした。陳夢は「今日の優勝は中国でのモノだったので特別。大会を通じて私たちはお互いの信頼関係を築いた。この優勝はチーム全員のもの」と5連覇を喜んだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集