[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中国から大金星にあと1勝「それが流れを変えた」 日本の選手も監督も悔やんだミスとは【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で男子準決勝が行われ、世界ランク3位の日本は同1位の中国に2-3で敗れ、1969年ミュンヘン大会以来、53年ぶりの世界一はならず。3位決定戦はなく、銀メダルだった16年クアラルンプール大会以来、2大会ぶりのメダルは銅となった。勝った中国は10連覇をかけて9日の決勝で同2位のドイツと対戦する。

世界卓球、中国戦に出場した戸上隼輔【写真:Getty Images】
世界卓球、中国戦に出場した戸上隼輔【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦準決勝、中国に大善戦も2-3で敗れた日本

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)は8日、中国・成都で男子準決勝が行われ、世界ランク3位の日本は同1位の中国に2-3で敗れ、1969年ミュンヘン大会以来、53年ぶりの世界一はならず。3位決定戦はなく、銀メダルだった16年クアラルンプール大会以来、2大会ぶりのメダルは銅となった。勝った中国は10連覇をかけて9日の決勝で同2位のドイツと対戦する。

 試合後、田勢邦史監督は「惜しかったなあ」を何度も繰り返した。日本は戸上隼輔、張本智和、及川瑞基で、世界卓球9連覇中の絶対王者に挑んだ。第1試合の全日本王者・戸上は世界ランク1位の樊振東に挑戦したが、ストレート負け。第2試合は張本が世界ランク11位・王楚欽に第1ゲーム(G)を落としながら3-1で逆転勝ち。第3試合の及川はリオ、東京と五輪連覇している世界ランク2位・馬龍から第1Gを奪う善戦を見せながら1-3で敗れた。

 圧巻は第4試合の張本。樊を相手にフルゲームの死闘を演じ、最終Gを11-9で奪い、世界1位を撃破した。運命の最終第5試合は戸上が王にストレートで敗れ、金星は逃した。それでも、王者中国を第5試合まで苦しめ、堂々の銅メダルとなった。

 試合を振り返った田勢監督は、戸上で敗れた第5試合について「1ゲーム目が勝負だった。そこを取っていれば変わったかな」と回顧。「戸上に言ったのは、一番の大きなミスは9-4のサーブミス。何気ないミスだけど、それが大きく流れを変えたし、大きかった」と語り、「1球ずつの質を高めないといけない、自分がミスしてはいけない勝負所で必ずミスをしない、より質の高いボールを打たないといけないところが求められる」と日本全体の課題を挙げた。

 戸上本人も9-4から逆転されたことについては「9-4まで自分のプレーが出来ていて、相手からすれば怖かったと思うし、自分としてもノリノリだった。そこでサーブミスをしてしまい、勢いが完全に止まってしまった」と悔やみ、「細かなミスが今回の敗因かなと思います」と責任を背負った。

 田勢監督は「(第5試合の勝負所でも)ああいう場面で質の高いプレー、いくら打っても返ってくる、ああいうプレーできるところ。そこの差が出た。取りたい時にちゃんと取れなかったのが敗因です」と中国の強さに脱帽した。それでも、9連覇中の王者を追い詰めての銅メダル。「良い試合をしてくれた。よくここまで頑張ってくれた。よくここまで中国と戦って、智和も120%、150%の力を出して戦ってくれたんじゃないか」と選手たちを労った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集