[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を元レッズGMが絶賛 MVPの2位予想に「私の考えではオオタニが今季MLBの顔」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は投手として15勝、打者として34本塁打を放ち、歴史的な二刀流シーズンを終えた。レッズなどでゼネラルマネージャー(GM)を務め、現在は米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のコラムニストのジム・ボーデン氏は、独自に各ポジションで今季最高の選手を選出。大谷を指名打者で選び「我々は地球上で彼のような選手を今まで見たことがなかった」と絶賛している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

唯一の2年連続選出、同僚トラウトもチーム入り

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は投手として15勝、打者として34本塁打を放ち、歴史的な二刀流シーズンを終えた。レッズなどでゼネラルマネージャー(GM)を務め、現在は米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のコラムニストのジム・ボーデン氏は、独自に各ポジションで今季最高の選手を選出。大谷を指名打者で選び「我々は地球上で彼のような選手を今まで見たことがなかった」と絶賛している。

「オールMLBチーム2022:ジム・ボーデンが各ポジションの最高の選手、監督、GMを選出」と題した記事のなかで、ボーデン氏は、リーグを問わず各ポジション最高の選手を独自に選出。「今回際立つのは、2年連続で選出されたのが、アメージングなショウヘイ・オオタニのみだったことだ」と紹介し、大谷をDHに選出した。

 ヤンキースのアーロン・ジャッジとのMVPレースにも注目が集まっている大谷。「オオタニはまたもMVP級のシーズンを過ごしたが、ジャッジに次ぐ2位となることが予想されている。しかし、私の考えでは、オオタニは今季のMLBの顔だ」と評したボーデン氏は、「オオタニへの競争者は現れないだろうが、最高の二刀流選手へ贈る“ユニコーン賞”を新設するべきだ」とまさかの提案。その理由をこう説明した。

「彼は彼自身の賞を受賞するに値する。彼はそれほど優れており、我々は地球上で彼のような選手を今まで見たことがなかった。2年連続で彼は最高の指名打者に選ばれた」

 大谷は今季、打者として打率.273、30二塁打、6三塁打、34本塁打、95打点と躍動。シーズン終盤には18試合連続安打も記録した。一方、マウンド上でも166回を投げて15勝9敗、防御率2.33、219奪三振と圧巻のパフォーマンスを披露。ボーデン氏が選ぶDH部門2位はアストロズのヨルダン・アルバレスだった。

 エンゼルスの同僚マイク・トラウトもセンターで選出。先発投手は、驚異の防御率1.75をマークしたアストロズのジャスティン・バーランダーだった。以下、選出された全選手、監督、GM。

捕手:J.T.リアルミュート(フィリーズ)
一塁手:ポール・ゴールドシュミット(カージナルス)
二塁手:ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)
遊撃手:カルロス・コレア(ツインズ)
三塁手:マニー・マチャド(パドレス)
右翼手:アーロン・ジャッジ(ヤンキース)
中堅手:マイク・トラウト(エンゼルス)
左翼手:スティーブン・クワン(ガーディアンズ)
指名打者:大谷翔平(エンゼルス)
先発投手:ジャスティン・バーランダー(アストロズ)
クローザー:エドウィン・ディアス(メッツ)

オーナー:ピーター・シードラー(パドレス)
エグゼクティブ:アンドリュー・フリードマン(ドジャース)
監督:テリー・フランコーナ(ガーディアンズ)

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集