[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜこの位置から刺せるのか!? ファウルゾーンからのジャンプスローに米ファン驚愕

なぜこの位置から刺せるのか!? ファウルゾーンからのジャンプスローに米ファン驚愕

強肩はいつも見るものを魅了する。これぞ米大リーグというプレーが話題を呼んでいる。フィリーズのマイケル・フランコ三塁手が三塁線の打球を好捕。ファウルゾーンから一塁へ、ジャンピングスローを披露する場面をMLBが公式ツイッターで公開。ファンを仰天させている。

マイケル・フランコ【写真:Getty Images】
マイケル・フランコ【写真:Getty Images】

フィリーズのフランコが三塁ファウルゾーンから一塁へ、ノーバン強肩披露で沸かせる

 強肩はいつも見るものを魅了する。これぞ米大リーグというプレーが話題を呼んでいる。フィリーズのマイケル・フランコ三塁手が三塁線の打球を好捕。ファウルゾーンから一塁へ、ジャンピングスローを披露する場面をMLBが公式ツイッターで公開。ファンを仰天させている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 この位置から走者を殺すのか――。これぞメジャーの醍醐味ともいうべき、鬼肩を見せつけたのはフィリーズのフランコだった。18日(日本時間19日)のカージナルス戦の2回無死。オズナの打球が三塁線を襲った。フランコはこの打球に追いつき、グラブに収めると、ファウルゾーンに体が流れながらのジャンピングスロー。ノーバウンドで一塁へ送り、見事に仕留めて見せたのだ。

 体勢を崩しながらも、決して送球はよれない。MLBが動画を公開すると、あの姿勢からどうしてこんなボールが投げられるのかと、ファンを驚愕させている。

「こいつはビーストだ」
「冥王星から一塁へ」
「パーフェクト」
「これは法律違反、罪でしょう」

 185センチ、100キロの巨体を誇るパワーヒッター。長打力には定評のあるフランコだが、守備でも華麗なプレーでファンを喜ばせていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー