[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を「神が空で微笑み、見る機会与えた」 敵地ミネソタ紙も歴史的14勝目に敬服

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ツインズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。投げては6回途中3安打2失点で自己最多を更新する14勝目、打っては1安打1打点で今季90打点目を挙げた。104年前に2桁勝利2桁本塁打を達成していたベーブ・ルースの「13勝&11本塁打」をともに上回り、敵地メディアからは敬服する声が上がっている。

ツインズ戦で自己最多更新の14勝目と今季90打点目を挙げた大谷翔平【写真:Getty Images】
ツインズ戦で自己最多更新の14勝目と今季90打点目を挙げた大谷翔平【写真:Getty Images】

ミネソタ紙「ミネソタでのショウヘイ・オオタニ・デイ」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ツインズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。投げては6回途中3安打2失点で自己最多を更新する14勝目、打っては1安打1打点で今季90打点目を挙げた。104年前に2桁勝利2桁本塁打を達成していたベーブ・ルースの「13勝&11本塁打」をともに上回り、敵地メディアからは敬服する声が上がっている。

 寒い雨中で6回途中2失点と力投した大谷。今季200奪三振も達成し、史上初の「シーズン200奪三振&30本塁打」を果たした。打っても7回に中前タイムリーを放つなど、投打で躍動。14勝目を記録ずくめで飾った。

 ツイッター上では、試合後から米メディアの称賛が続々。米誌「リーズン」の編集者マット・ウェルチ氏は「ショウヘイ・オオタニはこれで14勝8敗。防御率2.47で203奪三振。エンゼルスでは2015年のギャレット・リチャーズの15勝以来最多勝利、2011年のジャレッド・ウィーバーの2.41以来最低防御率、2010年のウィーバーの233奪三振以来最多奪三振」と記録を次々と伝えた。

 また、ツインズの地元ミネソタ州地元紙「スター・トリビューン」は「ショウヘイ・オオタニが彼の腕前を発揮し、エンゼルスがツインズに5連敗を付けさせた」と報道。試合内容をレポートした上で、こう表現した。

「寒く、雨の降る秋の金曜日の夜にターゲット・フィールドに駆けつけた2万4896人の観客の多くは、おそらく73勝78敗のツインズがプレーオフ争いから脱落するのを見に来たわけではなかっただろう」

 その上で「客席にはエンゼルスの赤と白が多く、その多くに背番号17が見られた。これはミネソタでのショウヘイ・オオタニ・デイだった」と称賛。「惑星が一列に並び、神がツインシティの上空で微笑み、オオタニの登板スケジュールがツインズ戦と重なり、怪物が今季200奪三振をマークし、7回にはタイムリーを放つのを観客が見る機会を与えた」と敬服し、ミネソタのファンが目撃した快挙を報じた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集