[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、降板に追いやられた“疑惑の1球”は誤審 LA実況席断言「完全にストライク」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ツインズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。6回途中3安打2失点で自己最多を更新する14勝目を挙げた。降板となったのは6回無死一、二塁から出した四球。しかし、あわや勝利を逃しかねない微妙な判定に、地元ロサンゼルスの実況席からは「判定ミスです」と擁護の声が上がった。

ツインズ戦で先発し6回途中3安打2失点で自己最多更新の14勝目を挙げた大谷翔平【写真:ロイター】
ツインズ戦で先発し6回途中3安打2失点で自己最多更新の14勝目を挙げた大谷翔平【写真:ロイター】

敵地ツインズ戦6回途中3安打2失点で14勝目

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地ツインズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。6回途中3安打2失点で自己最多を更新する14勝目を挙げた。降板となったのは6回無死一、二塁から出した四球。しかし、あわや勝利を逃しかねない微妙な判定に、地元ロサンゼルスの実況席からは「判定ミスです」と擁護の声が上がった。

 思わず大谷も両手を上げた。3-1とリードして迎えた6回、適時打で1点を返され、無死一、二塁のピンチ。6番サンチェスへの2-3からの6球目、カットボールを低めいっぱいに投げ込んだ。高さ、コースともに抜群の制球。完璧に決まったかに見えたが、球審の手は上がらなかった。三振を確信していたマウンド上の大谷も何とも言えない表情。この1球で無死満塁としたところで無念の降板となった。

 中継画面のストライクゾーンでもしっかり枠内に入っており、米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」で解説を務めたメジャー通算132勝投手のマーク・グビザ氏は「これはストライクです。判定ミスです」と断言「ストライクゾーンに完全に入っていましたよ。ショウヘイ・オオタニは不満そうでしたね」と擁護し、「これは完全にストライクゾーンに入っていますよ」と球審の判定を繰り返し疑問視した。

 大谷の後を受けてマウンドに上がった左腕ループが、後続を7球で打ち取って無失点救援。その後、7回には大谷の中前適時打で追加点を奪ったエンゼルスが4-2で勝利し、大谷は14勝目を手にした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集