[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ブラジル監督「ファウルあった」 失点シーン判定に憤慨「あんなに明らかなことは…」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は17日、1次リーグE組で優勝候補のブラジルがスイスに1-1で引き分け。勝ち点3を逃した。大黒柱のFWネイマールが徹底マークに遭い、無得点。史上2位の被ファウル「10」を記録し、ソックスにぽっかりと穴が空いた画像が脚光を浴びているが、チッチ監督は後半にCKから失点したシーンについて「議論する余地はない」「あんなにも明らかなことは語れない」と判定に不満をぶちまけている。海外メディアが伝えている。

ヘディングシュートを決めたスイス代表MFシュテフェン・ツバー【写真:Getty Images】
ヘディングシュートを決めたスイス代表MFシュテフェン・ツバー【写真:Getty Images】

同点弾を献上した“微妙な判定”にチッチ監督は不満「議論する余地ない」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は17日、1次リーグE組で優勝候補のブラジルがスイスに1-1で引き分け。勝ち点3を逃した。大黒柱のFWネイマールが徹底マークに遭い、無得点。史上2位の被ファウル「10」を記録し、ソックスにぽっかりと穴が空いた画像が脚光を浴びているが、チッチ監督は後半にCKから失点したシーンについて「議論する余地はない」「あんなにも明らかなことは語れない」と判定に不満をぶちまけている。海外メディアが伝えている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 王国が白星発進を逃した。落とし穴が待っていたのは、1-0で迎えた後半5分だ。右CKからMFシュテフェン・ツバーにヘディングシュートを決められ、同点弾を献上。結局、このまま得点できず、引き分けに終わった。

 指揮官が疑問を呈したのは失点シーンだ。ゴールを決めたツバーはブラジルのDFミランダを後ろから両手で押し、優位な体勢を取っているように見えた。しかし、ファウルが取られることなく、得点が認められた。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツアジア」の記事によると、チッチ監督は「ミランダのは明確だった」と指摘し、こう不満をぶちまけたという。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集