[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ネイマール潰しの代償? ボロボロの“足元”が海外話題「明らかにスイスによって…」

ネイマール潰しの代償? ボロボロの“足元”が海外話題「明らかにスイスによって…」

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は17日、1次リーグE組で優勝候補のブラジルがスイスに1-1で引き分け。勝ち点3を逃した。大黒柱のFWネイマールが徹底マークに遭い、無得点。米スポーツ専門局「FOXスポーツアジア」は史上2番目の被ファウル「10」を記録したことを紹介し、それを象徴するようにボロボロになった“足元”の画像に脚光を当てている。

スイス戦で徹底マークに遭ったネイマール【写真:Getty Images】
スイス戦で徹底マークに遭ったネイマール【写真:Getty Images】

史上2番目の被ファウル「10」を記録、穴がぽっかり空いたソックスに脚光

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は17日、1次リーグE組で優勝候補のブラジルがスイスに1-1で引き分け。勝ち点3を逃した。大黒柱のFWネイマールが徹底マークに遭い、無得点。米スポーツ専門局「FOXスポーツアジア」は史上2番目の被ファウル「10」を記録したことを紹介し、それを象徴するようにボロボロになった“足元”の画像に脚光を当てている。

【特集】「新たな夢を与えてください」日本ラグビーが成長し続けるために必要なこと / ラグビー エディー・ジョーンズ氏(GROWINGへ)

 カナリアの翼がもがれた。ネイマールが徹底マークに遭い、思うようにさせてもらえなかった。

 ボールを受けると相手マーカーがすかさずチェック。ファウルを厭わずに削り、何度もブラジルのエースはピッチに倒れた。受けたファウル数は、なんと「10」。「ネイマールがスイスの執拗なファウルに遭う」と特集した記事によると、これは98年のイングランド代表FWアラン・シアラーが「11」に次ぐ、史上2番目の記録になったという。

 さらに特集では、その代償ともいうべき、シーンに脚光を当てている。「彼が受けた扱いの程度をテレビカメラが捉えている。明らかにスイスによって空けられたソックスの穴を映した」と言及。記事では、キックオフマガジン誌のチャド・クレイト記者が自身のツイッターで公開した3枚の画像を引用する形で“証拠写真”を紹介している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー