[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

天真爛漫な17歳馬場咲希 報道陣50人、フィーバー実感した凱旋も「この状況を楽しもう」

女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス東海クラシックが16日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で開幕する。練習日の14日には、日本人として37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した17歳・馬場咲希(代々木高2年)が会見。集まった取材陣を見て、「想像の4倍ぐらい」と驚きつつ、「プレッシャーより楽しみの方が大きい」と明るく話した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

練習ラウンドを回る馬場咲希【写真:編集部】
練習ラウンドを回る馬場咲希【写真:編集部】

16日から住友生命東海C「プレッシャーより楽しみな方が大きい」

 女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス東海クラシックが16日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で開幕する。練習日の14日には、日本人として37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した17歳・馬場咲希(代々木高2年)が会見。集まった取材陣を見て、「想像の4倍ぐらい」と驚きつつ、「プレッシャーより楽しみの方が大きい」と明るく話した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 注目されても、馬場は変わらなかった。正午にコース入りし、早速、カメラを向けられてもニコニコ。プロ選手や帯同キャディーから、「全米女子アマ優勝、おめでとう」と声を掛けられ、「ありがとうございます」。パッティンググリーン、打撃練習場、コースとカメラマン、記者の計約50人が付いたが、帯同キャディーと談笑し、ナイスショットが出ると、「キュン」のポーズもしてみせた。

「あれはちょっとおふざけをしました。(報道陣の数は)想像の4倍くらい付きましたが、今はプレッシャーより楽しみな方が気持ちの方が強いです」

 馬場は、以前から「プロの試合に出ることは楽しい」と言ってきた。理由は「ギャラリーが付いて見られてプレーするとうれしくなるから」だという。今年4月、主催者推薦選考会を突破し、ヤマハレディース葛城でツアー初出場。5月のブリヂストンレディスも同様の形で出場し、その後、7月の全米女子オープンで日本人アマとして8年ぶりの予選突破を果たし、8月の全米女子アマチュア選手権優勝につなげた。

 そして、始まった馬場咲希フィーバー。春先とは状況が全く違うが、それも前向きに捉えている。

「今回は私のことを見に来てくれる人もいると思うので、全米女子アマの時のようなゴルフができたらと思います。(注目されることに)あんまり慣れたりはしていないのですが、今までと違っても『この状況を楽しもう』という風に思えたので、楽しいです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集