[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寺地拳四朗が米国LA合宿で深めた余裕 京口紘人に「海外選手と比べたら怖さ全然ない」

ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)とWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)らが14日、都内のホテルで会見し、11月1日にさいたまスーパーアリーナで王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行うと正式発表した。アマチュア時代に4度対戦し、プロでも公開スパーリングなどで2度拳を交えた2人。寺地は「まあまあやりやすい」と自信を見せた。戦績は30歳の寺地が19勝(11KO)1敗、28歳の京口が16勝(11KO)。

会見に出席したWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗【写真:浜田洋平】
会見に出席したWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗【写真:浜田洋平】

「11.1」さいたまSAでライトフライ級ダブル世界戦

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)とWBA世界同級スーパー王者・京口紘人(ワタナベ)らが14日、都内のホテルで会見し、11月1日にさいたまスーパーアリーナで王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行うと正式発表した。アマチュア時代に4度対戦し、プロでも公開スパーリングなどで2度拳を交えた2人。寺地は「まあまあやりやすい」と自信を見せた。戦績は30歳の寺地が19勝(11KO)1敗、28歳の京口が16勝(11KO)。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 WBC王座を8度防衛したことのある寺地と、4度防衛中の京口のビッグマッチ。アマ時代は寺地の3勝1敗だった。2018年12月には、後楽園ホールにて3分×2回の公開スパーで対峙。初回は京口がパワースタイルで押し込んだ一方、2回は寺地が距離を取り、得意の左ジャブ連発で翻弄した。

 この日は会見後、別々に取材対応。寺地は「当時の印象はあります。参考になる」と説明。「まあまあやりやすい。自分の距離で戦えると思った。その通りでいければ」と余裕を見せた。「(当時は)関係ない。参考にならない」と断言した京口と正反対だ。

 8度防衛していたが、昨年9月に一度王座陥落。これまで抜群の距離感とジャブで主導権を握り、相手に何もさせないスタイルだったが、今年3月は接近戦にモデルチェンジした末に王座奪還を果たした。

「今は(遠近の距離で)どっちも練習をやっています。どちらかが当てはまるように。ここでいかにいい勝ち方をして波に乗るのかが大事。ボクシング人生で凄く重要な試合」

 最近では米ロサンゼルスで合宿し、上の階級の海外選手とスパーを経験。「日本人と違ってパンチが強くて、めちゃくちゃ重たい。ライトフライ級が怖くなくなった。(京口は)海外選手と比べたら怖さは全然ない」と手応えを得ている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集