[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希、体重6kg&飛距離20y減告白も… 名古屋名物に関心「手羽先とか1回は…」

女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス東海クラシックが16日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で開幕する。練習日の14日には、日本人として37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した17歳・馬場咲希(代々木高2年)が会見。日本と海外を4往復した夏の遠征で体重が減り、ヘッドスピードも落ちたことで、持ち味の飛距離については「約20ヤード落ちました」と明かした。

練習ラウンド中に笑顔を浮かべる馬場咲希【写真:編集部】
練習ラウンド中に笑顔を浮かべる馬場咲希【写真:編集部】

16日から住友生命東海C

 女子ゴルフの国内ツアー・住友生命Vitalityレディス東海クラシックが16日、愛知・新南愛知CC美浜C(6502ヤード、パー72)で開幕する。練習日の14日には、日本人として37年ぶりに全米女子アマチュア選手権を制した17歳・馬場咲希(代々木高2年)が会見。日本と海外を4往復した夏の遠征で体重が減り、ヘッドスピードも落ちたことで、持ち味の飛距離については「約20ヤード落ちました」と明かした。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 以下、一問一答。

――世界女子アマチュアチーム選手権から帰国した8月末からは、どのように過ごされていましたか。

「疲れを取りながら、練習をしていました。今日は朝からラウンドしようと思ったのですが、夜8時半まで練習していたので、午前中はよく寝ようと思っていました。それでも、夜10時には寝て、朝7時に起きました。よく眠れました」

――春先と比べて、体重が落ちたそうですね。

「はい。落ちて戻った分を考えると、春先より6キロくらい落ちています」

――ヘッドスピードも落ちたと聞きました。

「そうなんです。飛距離も確実に落ちています。20ヤードくらいで、今はドライバーで250ヤード前後です。なので、他の部分で頑張ってカバーできたらと思います」

――この大会ではドライビングコンテストも開催されますが。

「それを相談しています。出たい気持ちがありますが、飛距離が落ちているので、出るかどうか悩んでいます」

――馬場咲希の読みが似ていることで、『手羽先ちゃん』の愛称があると聞きました。手羽先は名古屋の名物ですが。

「手羽先とかカレーうどんとか、1回は食べたいです(笑)」

――初日は原英莉花さん、岩井千怜さんとのペアリングになりましたが。

「すごく楽しみです。原さんは、私と同じで背が高くてテレビで見ていて、『カッコいい』と思っていました。なので、現実じゃないみたいです。岩井さんと回れることも楽しみです」

――将来のビジョンは。

「来年のプロテストは受ける予定です。合格できたら、そこから海外に行けたらいいなと思います。すぐに行くとは考えていませんが」

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集