[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ新ヒロインの素顔 19歳川崎春花、陽気で愛にあふれた両親と遂げた歴史的V

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われた。4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が1イーグル、6バーディーの64で回り、通算16アンダーで逆転優勝。2014年の鈴木愛(20歳128日)を上回り、大会史上最年少となる19歳133日で優勝となった。予選会から出場したシンデレラガールは、ツアー初Vで国内メジャーを制覇。コースで応援していた両親も喜び、快挙までの過程を語った。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

優勝しスコアボードの前でポーズを取る川崎春花【写真:Getty Images】
優勝しスコアボードの前でポーズを取る川崎春花【写真:Getty Images】

19歳133日で日本女子プロ選手権最年少V、応援した両親が語った快挙までの過程

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われた。4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が1イーグル、6バーディーの64で回り、通算16アンダーで逆転優勝。2014年の鈴木愛(20歳128日)を上回り、大会史上最年少となる19歳133日で優勝となった。予選会から出場したシンデレラガールは、ツアー初Vで国内メジャーを制覇。コースで応援していた両親も喜び、快挙までの過程を語った。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 優勝が決まり、クラブハウスから出てきた川崎は、母の雅子さんと笑顔でハイタッチをした。涙の抱擁はなく、雅子さんは「あっ、パパがいない。どこ?」と苦笑いした。

 表彰式は雅子さん、父の太郎さんがそろってグリーンサイドで見守った。

「まさかです。夢にも思っていなかったです。プロになってからはスイングで迷走して、腰も痛めて、3試合連続予選落ちをしたり、泣いているところも見てきたので、もう、言葉にできないです」(太郎さん)

 コースの城陽CCは昨年11月、最終プロテストで合格を果たした場所。1988年のツアー施行以降、初めて京都で開催された大会でもあり、太郎さんは「今日も運転しながら、『ここまで何回も来て合格したな~』と言って、思い出していました。なので、なおさらうれしいです」と実感を込めた。

 川崎が初めてクラブを握ったのは12年前の7歳の時だった。先に3歳上の姉・風花さんがゴルフを始めており、両親と姉の3人でラウンドする姿に影響されたという。そして、「プロになりたい」と言い出した川崎を太郎さんは全力でサポート。姉の指導をしていた国内ツアー通算29勝で京都在住の吉川なよ子に川崎のコーチもあおいだ。その後、ゴルフ練習器具開発者で神奈川在住の田所一郎氏に引き合わせ、プロテスト一発合格につなげた。

「(8月の)CATレディースで予選落ちした後、昔のいい時のスイングに変えてもらって、その翌週にいきなりステップ・アップ・ツアーで優勝することができました。私もアドバイスはしますが、全然聞いてくれません(笑)」(太郎さん)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集