[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳川崎春花に逆転された21歳山下美夢有 V逸2位に「悔しい」敗因は「パターかな」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われた。4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が1イーグル、6バーディーの64で回り、通算16アンダーで逆転優勝。2014年の鈴木愛(20歳128日)を上回り、大会史上最年少となる19歳133日で優勝となった。

山下美夢有【写真:Getty Images】
山下美夢有【写真:Getty Images】

国内メジャー連勝ならず「パターが入らなかった」

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われた。4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が1イーグル、6バーディーの64で回り、通算16アンダーで逆転優勝。2014年の鈴木愛(20歳128日)を上回り、大会史上最年少となる19歳133日で優勝となった。

 対照的に悔しいゴルフとなったのは、2位に2打差をつけた単独首位で出た山下美夢有。3日間60台で回り、この日は「4つ伸ばせたら」と68を目標にしていたが、3バーディー、2ボギーの71と伸ばし切れず。通算13アンダーで2位フィニッシュ。「今日は伸ばすことできなかったので悔しい。しっかりとバーディーを獲ろうと攻めのゴルフをしていたけど、パターが入らなかった。(敗因は)パターかなと思った」と唇をかんだ。

 結果的に4打差あった川崎に逆転を許す形に。猛チャージを演じた19歳の存在が頭に入ったのは「15番くらい」だった。同じ関西出身で、関西ゴルフ連盟でつながりがあり、高校時代に「凄く上手だな」と印象があったという。21歳の山下よりさらに若い世代の優勝はインパクト十分だったが、本人は「誰が勝ってもおかしくない、伸ばし合いになると思っていた。自分のプレーに納得できない」と自らを責めた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集