[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ最終組2人が勝負ウェアそっくりの珍事 ファン「混乱した」「見分けつかん」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われ、4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が64で回り、通算16アンダーで逆転V。ツアー初優勝を、大会史上最年少となる19歳133日で飾った。一方、この日は最終組の2人がそっくりなウェアで回るという珍事が発生。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式ツイッターが2人の後ろ姿を紹介している。

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日でそっくりなウェアを着用していた三ヶ島かな(右)と森田遥【写真:Getty Images】
日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日でそっくりなウェアを着用していた三ヶ島かな(右)と森田遥【写真:Getty Images】

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯で三ヶ島&森田のウェアが「偶然にも瓜二つ」

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われ、4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が64で回り、通算16アンダーで逆転V。ツアー初優勝を、大会史上最年少となる19歳133日で飾った。一方、この日は最終組の2人がそっくりなウェアで回るという珍事が発生。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式ツイッターが2人の後ろ姿を紹介している。

 最終日最終組に珍しい出来事があった。三ヶ島かなと森田遥、ともにそっくりなウェアだったのだ。

 三ヶ島はジュン&ロペの黄色のノースリーブに白の長袖ウェア、白のキャップとスカートを合わせたコーディネート。一方の森田はアディダスの黄色のノースリーブに白の長袖ウェア、白のキャップとショートパンツという色合いもデザインもよく似た組み合わせだった。

 契約しているウェアが同じプロ同士の場合、全く同じウェアでプレーすることは珍しくないが、メーカーが違う2人がそっくりなコーディネートで、しかも最もギャラリーの視線を集める最終日最終組でプレーするのは珍しい。

 そんな状況に注目したのが、JLPGA公式ツイッター。「クイズ! この後ろ姿は、どっち」と投稿した。
 
「本日同じ組でプレーする森田遥と三ヶ島かな 偶然にも勝負服が瓜二つ みなさん、見分けはつきますか…?」

 このように記し、2枚の写真を投稿。2人がショットする後ろ姿を撮影したもので、顔が見えないと見分けがつきにくい。ファンからも「つきませぬ」「携帯画面で見てたらどっちがどっちだか分からず混乱してました」などの声が上がったが、背中にジュン&ロペのロゴがある方が三ヶ島だ。

 また、中継を見ていたファンからも「森田と三ヶ島のウェアが被ってる」「顔も背格好も似てるので、見分けがつかん」とツイッターで反響があった。

 なお、森田は71で回り通算11アンダー4位、三ヶ島は72で回り通算9アンダー10位だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集