[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ新星に「ほんのり混じる京都弁」 19歳川崎春花のはんなり優勝スピーチに反響

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われ、4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が64で回り、通算16アンダーで逆転Vを飾った。2014年の鈴木愛(20歳128日)を上回り、大会史上最年少となる19歳133日で優勝。予選会から出場したシンデレラガールが、ツアー初Vを国内メジャー制覇という快挙で飾った。表彰式では、京都訛りが交じったスピーチを披露。素朴な性格に「謙虚なスピーチで良かった」「ほんのり混じる京都弁がはんなり」とファンを魅了した。

表彰式では京都訛りが交じったスピーチを披露した川崎春花【写真:Getty Images】
表彰式では京都訛りが交じったスピーチを披露した川崎春花【写真:Getty Images】

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われ、4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が64で回り、通算16アンダーで逆転Vを飾った。2014年の鈴木愛(20歳128日)を上回り、大会史上最年少となる19歳133日で優勝。予選会から出場したシンデレラガールが、ツアー初Vを国内メジャー制覇という快挙で飾った。表彰式では、京都訛りが交じったスピーチを披露。素朴な性格に「謙虚なスピーチで良かった」「ほんのり混じる京都弁がはんなり」とファンを魅了した。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 ピンクの優勝ジャケットをまとい、マイクの前に立った川崎。「地元・京都ということもあって、いつも以上の方がたくさんに来てくださって、それが力になって優勝することができたと思います」「今シーズン前半は凄く苦しくて、もがきながらの日々だったけど、先週ステップ・アップ・ツアーで優勝して自信を持って臨むことができました」。緊張した面持ちながら時折、京都訛りをのぞかせ、しっかりと晴れ舞台を務め上げた。

 直前の優勝インタビューでも純朴で飾らない受け答えでギャラリーの笑いを誘っていた19歳。その人柄に魅了されたファンも多い様子で、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式ツイッターがスピーチ動画を紹介すると、ネット上には「謙虚なスピーチで良かった」「可愛い京都美人の京都弁」「はんなりとした優勝スピーチ」「インタビュー初々しい ほんのり混じる京都弁がはんなり」などの声が上がった。自宅から車で40分程度という地元コースで一躍、スポットライトを浴びたシンデレラガール。醸し出す雰囲気も多くのファンに受け入れられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集