[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、監督代行も不満露わの“微妙ボール判定”に米同情「可哀想なオオタニ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回7奪三振1失点で自己最多12勝目を挙げた。右手中指マメの影響で降板したものの、メジャー自己最速101.4マイル(約163.2キロ)を記録するなど熱投が光った裏で、米ファンからは微妙な判定を巡るひと幕が話題になっている。

アストロズ戦に投打同時出場し、5回1失点で自己最多12勝目を挙げた大谷翔平【写真:Getty Images】
アストロズ戦に投打同時出場し、5回1失点で自己最多12勝目を挙げた大谷翔平【写真:Getty Images】

3回のアルトゥーベの場面で…米メディア「ショウヘイはストライク判定を切望」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回7奪三振1失点で自己最多12勝目を挙げた。右手中指マメの影響で降板したものの、メジャー自己最速101.4マイル(約163.2キロ)を記録するなど熱投が光った裏で、米ファンからは微妙な判定を巡るひと幕が話題になっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 話題になっているのは、エンゼルスが5-1とリードした3回先頭。大谷はアルトゥーベを2-2と追い込み、101マイル(約162.6キロ)の直球を投げ込んだ。捕手の構えと逆にいったが、外角いっぱいにズバッと決まった……ように見えたが、判定はボール。大谷も一瞬固まり、首をかしげるような仕草を見せた。しかし、それ以上に感情を露わにしていたのがベンチのフィル・ネビン監督代行。明らかに不満顔で大きな声でグラウンドに向かって叫んでいた。

 中継画面のストライクゾーンにはギリギリ決まっていたが、逆球になると判定が厳しくなるのもよくあること。米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門ツイッターは「ショウヘイ・オオタニはスリーストライクの判定を切望していた」と動画付きで大谷のリアクションを紹介し、「可哀想なオオタニ」「ロボット審判を求める」「酷い」「ストライクだろ!」「コースに決まった101マイル」と米ファンからは判定に対する不満が寄せられていた。

 結局、この場面はフルカウントから見逃し三振に抑えた大谷。5回でマウンドを降りることになったものの、自己最多12勝目を挙げた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集