[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフの新星、19歳川崎春花がほんわかV会見 今したいことは「母のお味噌汁飲みたい」

女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われ、4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が1イーグル、6バーディーの64で回り、通算16アンダーで逆転優勝を飾った。2014年の鈴木愛(20歳128日)を上回り、大会史上最年少となる19歳133日で優勝となった。予選会から出場したシンデレラガールが、ツアー初Vを国内メジャー制覇という快挙で飾った。会見では「今したいこと」を問われ、「母のお味噌汁が飲みたいです」などと、ほんわかしたコメントを連発した。

ツアー初Vを国内メジャー制覇という快挙で飾った川崎春花【写真:Getty Images】
ツアー初Vを国内メジャー制覇という快挙で飾った川崎春花【写真:Getty Images】

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日

 女子ゴルフの国内メジャー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日が11日、京都・城陽CC(6555ヤード、パー72)で行われ、4打差4位から出た地元・京都出身の19歳ルーキー・川崎春花(フリー)が1イーグル、6バーディーの64で回り、通算16アンダーで逆転優勝を飾った。2014年の鈴木愛(20歳128日)を上回り、大会史上最年少となる19歳133日で優勝となった。予選会から出場したシンデレラガールが、ツアー初Vを国内メジャー制覇という快挙で飾った。会見では「今したいこと」を問われ、「母のお味噌汁が飲みたいです」などと、ほんわかしたコメントを連発した。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

――快挙です。今の気持ちを教えてください。

「全然信じられないですけど、今、表彰式を終えて『優勝したんだな』と少し思えました。メジャーで優勝しようという意識はなかったのですが、初優勝がメジャーですごくうれしいです」

――地元の京都では初ツアー大会(ツアー制度施行の1988年以降)での優勝です。また、この城陽CCは昨年11月の最終プロテストで合格を果たしたコースです。

「練習ラウンドを10回以上したコース。思い入れがあるコースですし、すごくうれしい。良かったなと思います。また、地元なのでいつもより応援が多くて、それが力になりました」

――8月下旬にステップ・アップ・ツアー大会で優勝したことで変化がありましたか。

「それまで逃げるようなゴルフをしていたのですが、その優勝を境に高校時代の攻めるゴルフを思い出しました」

――4打差のスタートでしたが、優勝は意識していましたか。

「優勝は考えていなくて、自分のできる精一杯をしようと思いました。ただ、リーダーボードは見ていて、15番で単独首位に立ったことは把握していました。緊張はあまりなかったですね。目の前の一打に必死だったので」

――ポーカーフェイスでメンタルが強いように見えました。

「いえいえ、私、メンタルは弱いです」

――優勝が決まっても、涙はありませんでしたね。

「信じられない気持ちで、ビックリしちゃって(笑)。これまでステップ・アップ・ツアーで優勝できなくて悔し泣きをしたことはありますけど」

――最終18番のバーディーパットは。

「ほぼストレートで打ちました。それが入ってビックリして、鳥肌が立ちました。それで優勝できたと思いました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集