[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、圧巻の163.2km&12勝目を米メディア称賛「自己最速でスピードガン照らした」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回7奪三振1失点で自己最多12勝目を挙げた。右手中指マメの影響で降板したものの、直球はメジャー自己最速101.4マイル(約163.2キロ)、新球ツーシームは最速101マイル(約162.6キロ)を記録するなど、地区首位を走るアストロズを敵地で圧倒し、米メディアも称賛している。

メジャー自己最速101.4マイルを記録した大谷翔平【写真:Getty Images】
メジャー自己最速101.4マイルを記録した大谷翔平【写真:Getty Images】

5回1失点で12勝目、3回にメジャー自己最速101.4マイルを記録

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地アストロズ戦に「3番・投手兼DH」で投打同時出場。5回7奪三振1失点で自己最多12勝目を挙げた。右手中指マメの影響で降板したものの、直球はメジャー自己最速101.4マイル(約163.2キロ)、新球ツーシームは最速101マイル(約162.6キロ)を記録するなど、地区首位を走るアストロズを敵地で圧倒し、米メディアも称賛している。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 MLB公式サイトは「オオタニが自己最速投球でスピードガンを照らした」と見出しを打ち、大谷の躍動をクローズアップ。「ショウヘイ・オオタニは登板するごとに新しいレベルに到達している。土曜のアストロズ戦では自己最速の球を投じた」と記し、4回2死二、三塁のピンチでメジャー最速101.4マイルを記録したことを特筆。「2008年以降エンゼルスの投手が記録した最速の奪三振投球となった」と記録も伝えた。

 また、エンゼルスの地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」は「ショウヘイ・オオタニが早期降板もアストロズに勝利。トラウトは6試合連続本塁打」と試合を振り返り、大谷については「マメが潰れるまで5回をしっかりと抑えた」「この右腕は8試合連続3失点以内を記録している」と直近の安定ぶりを評価。投打でチームの中心となり、大谷はシーズン最後まで全力で駆け抜ける。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集